2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

検察が捜査権を持つのはおかしい

1 :検察改革:02/03/21 06:22 ID:t0ZuFzPs
前から気になっていましたが、検察が独自捜査をすることはよくないと。
検察は公訴だけを担当する機関として法改正して定めるべき。
公訴権は検察、捜査権は司法警察と分離するべきものを、検察が昔の
地位を維持したいがために捜査権を持ったままでいる。アメリカなども
きちんと分離しています。そもそも、武装も格闘訓練もしていない
検察官が、「いかなる犯罪も捜査できる」なんていうのはどう考えても
おかしな話。特捜部みたいな知能犯専門の捜査機関が必要なら、それを
別個につくればいい。司法制度改革の中にこれもいれてほしいですな。

2 :無責任な名無しさん:02/03/21 06:28 ID:ok7+ke8X
2get

3 :無責任な名無しさん:02/03/21 09:03 ID:TLuxEH0O
でも公判を維持するためには、どんな証拠が必要かとか、
どういう補充捜査が必要かとかそういうのは検察のほうが
よくわかってるやろ。だから、主に警察に捜査させて
検察がたまに関与してくるっていう現状は別にいいんでない?

4 :無責任な名無しさん:02/03/21 10:02 ID:2hs/XZL1
>>1
で、検察が捜査権をもつとなんの不都合があるんだ?
クロの被告人が無罪判決をうけられないのはダメということか?

5 :無責任な名無しさん:02/03/21 10:04 ID:gaKiGxJH
警察に対する抑止力になりうるという意味でいいんじゃない?

6 :無責任な名無しさん:02/03/21 10:13 ID:E0d+BXTR
事件の性格にもよる

7 :無責任な名無しさん:02/03/21 10:30 ID:aexi/le2
>>1 は、検察に捕まりかけの犯罪警官


8 :無責任な名無しさん:02/03/21 10:59 ID:58V26NxQ
1
じゃあ東京や大阪地検特捜部は不要って言いたいわけ?
警察は殺人とか窃盗等、身近で起きる事件の捜査には
適してるけど、ロッキードとかリクルート事件のような
捜査は警察には向かないですよ。地検自ら捜査すべきで
しょ。

9 :無責任な名無しさん:02/03/21 12:49 ID:q2VYghDG
つーか、警察の現状を知ってるのか?

警察官が刑法・民法・民訴・刑訴を理解してると思うか?
刑法だってろくに理解してないよ。
駐禁のキップ切ったり、自転車乗ってる奴を職質してる警官達のみが捜査権
持って大丈夫なのか?

警官・刑事が持ってるのは仕事上必要な断片的な知識だけなんだぞ?
ほとんどの警官は、DQNだぞ?

仕事に慣れると見知らぬ人に、タメ口を聞くようになる警官が捜査できると思うか?
現代の凶悪犯罪に全く対応できない警察に捜査権を独占させて良いのか?

警察署にPCが1台しかなく、後はワープロしかない所もあるんだぞ。
きちんとした法律知識が無い警官が大半なんだぞ。
そんな奴らが大勢いる警察が、捜査権を独占して良いのか?大丈夫なのか?

>>1
もう少し勉強してから、そういうでかい態度取りなさい。

10 :予納郵券 ◆YviUZT26 :02/03/21 14:20 ID:GPgoHy6L
>公訴権は検察、捜査権は司法警察と分離するべきものを、
自ら捜査して(司法警察に対する補充捜査も含む)有罪の確信を持ったから
起訴するんだろ。分離してしまったら警察の捜査を鵜呑みにする可能性が高い。
さらに、その後無罪になったときにも警察に責任転嫁するだろうね。

>アメリカなどもきちんと分離しています。
日本は一個の独立国家なのだから良いところは採用するにしても「アメリカが採用して
いるから」という一事をもって日本も同様の制度を採用すべしというのは筋違い。

>そもそも、武装も格闘訓練もしていない検察官が、「いかなる犯罪も捜査できる」
>なんていうのはどう考えてもおかしな話。
犯罪捜査は武装や格闘訓練のみで行われるわけではありません。

>特捜部みたいな知能犯専門の捜査機関が必要なら、それを別個につくればいい。
法曹人口の不足が叫ばれているのにこれ以上有能な人材を分散させるわけにもいかないだろう。


11 :無責任な名無しさん:02/03/21 17:18 ID:TM0Dv2OT
なぜ日本とアメリカで違いがあるのかを突っ込んでみると面白そう。

12 :茶茶茶:02/03/21 17:33 ID:vf7DWyPn
自分は米国が実際どんな制度かくわしく調べたことないけれど実際どうなのかな?
切手さんの言うこと、一番正しい答えだけれど。

13 :無責任な名無しさん:02/03/21 19:56 ID:09G+kc3v
分離に賛成。有罪に持ち込む必要は検察・警察ともにあるわけだから、公判維持に
必要な捜査は警察が担当すればいい。検察も警察も必要な協力をすればいいだけの話。

>警察官が刑法・民法・民訴・刑訴を理解してると思うか?
>刑法だってろくに理解してないよ。
>駐禁のキップ切ったり、自転車乗ってる奴を職質してる警官達のみが捜査権
>持って大丈夫なのか?

地域警官のことですか?警察には刑事部っていう部署があるのをご存知ですか?

勘違いの人が多いけど、検察と警察を分離するのは人権保護のためなんだけどね。
学者の中にも独自捜査に異論を唱える人が増えている。

14 :無責任な名無しさん:02/03/21 20:09 ID:09G+kc3v
戦前の検察は強い権限もっていて、占領改革の時期にGHQに権限の縮小を
されたが、捜査権はGHQの反対もあったが、なんとか維持しただけの話。
以前の警察は汚職とかもよく捕まえていた。今は特捜部がでしゃばり過ぎて、
警察がやらなくなっているだけ。検察に権限が集中している現状は不健全に
決まってる。
>>1のような主張は前々からあった話で、当然の話なのだが、権限を侵される
検察が反対するので改革は進んでいない。

15 :茶茶茶:02/03/21 20:10 ID:bcgVBkkt
>>13
司法警察職員には司法警察員と司法巡査に区別されるんだけど?
地域警察官(多くの司法巡査)は確かに「法」を知っているとは思えない。
警察の調査証拠が恣意的、又は問題があったときの捜査権限は必要だろう。
警察の暴走を止める役割を果たしてもらわねば。
実際、通常捜査能力のない検察の捜査は警察に結局は頼らざるを得ないから、もう少し限定しつつも実際上の捜査をたらせるべきだと思う。
人権保護の為の分離は必要。私人に対しては原則的に警察捜査に問題があった時のみに限定。それを統合しろとは決して思わない。
だが「捜査機関」が過ちを犯したときにコレを正し代行するものは絶対に必要だ。

16 :無責任な名無しさん:02/03/21 20:14 ID:09G+kc3v
>>12
アメリカには司法省管轄に公判担当の検事局と広域捜査担当のFBIが
存在するが、キチンと分離している。

17 :無責任な名無しさん:02/03/21 20:19 ID:09G+kc3v
思うに、警察の監督というのは検察ではなくて公安委員会だとか、議会だとか
の一般市民が行うべき。有名無実化している公安委員会のチェック機能を回復
させるのが筋のはず。あと気になるのは検察自体のチェック機能。検察の調査
活動費の問題とかがあっても、誰も調べられない。一時期、「検察ファッショ」
という呼称があったが、なるほどとも思える。

18 :茶茶茶:02/03/21 20:19 ID:bcgVBkkt
>>16
どうもありがとう。
じゃあさ、FBIに問題があった場合他の機関が代行捜査したりしないのか?
あるいはコレを裁くときはどうしているのかな?

19 :茶茶茶:02/03/21 20:20 ID:bcgVBkkt
>>17
確かに。公安委員会の機能不全が最大の問題かもしれない。

20 :無責任な名無しさん:02/03/21 20:22 ID:09G+kc3v
だいたい、地域警官は基本的に犯罪捜査なんかしません。そりゃあ、初期の活動は
するけれども、事件は刑事の担当。刑事をみくびってはいけない。

21 :無責任な名無しさん:02/03/21 20:26 ID:09G+kc3v
捜査機関自体に問題がある場合は原則、内部監察で調べるが、検察に監察なんてあるのかな?

22 :予納郵券 ◆YviUZT26 :02/03/21 20:58 ID:GPgoHy6L
>だが「捜査機関」が過ちを犯したときにコレを正し代行するものは絶対に必要だ。
確かに。現状でも極々限られた犯罪(特別公務員職権濫用とか)は準起訴できるけど明らかに不十分。

# でも捜査段階での人権侵害を防ぐんだったらまず最初にやるべきは代用監獄の廃止と
# 捜査過程をビデオに全て記録することだとは思う。

23 :茶茶茶:02/03/21 21:05 ID:bcgVBkkt
>>22
激しく同意。刑事訴訟法が有名無実化(言い過ぎか?)している現状を、法に従わせることだろう。
実務の名の下に法が無視されるならば一体何のための法か?
…でもこういうこと云ってる奴は裁判官にはなれないんだよな…

24 :無責任な名無しさん:02/03/22 00:03 ID:/0qOR0cy
陪審制ではないけれども、司法制度改革で市民参加の参審制は行われるんでしょ?

25 :無責任な名無しさん:02/03/22 00:18 ID:CcZhsS9c
>>24

あくまで殺人や放火等の、法定刑の重い犯罪についてだけが対象となる。
それらに比して法定刑が軽いとされる事件については、これまで同様の刑事裁判。
それと、よく誤解している人がいるけど、裁判員制度が導入されるのは刑事裁判(しかもそのうちの一部)についてであって、民事事件や行政事件には導入されない。


26 :無責任な名無しさん:02/03/22 01:16 ID:QcYFOD9+
でも代監は弁護士にとってはありがたい存在
土日でも接見いけるし,夜もOKだし
代監なくすならやはり拘置所のあの融通の悪さと交通の便の悪さ
を何とかしてもらわないと

27 :無責任な名無しさん:02/03/22 02:45 ID:z74Ixlw2
>>20
>だいたい、地域警官は基本的に犯罪捜査なんかしません。そりゃあ、初期の活動は
>するけれども、事件は刑事の担当。刑事をみくびってはいけない。
おいおい、過小評価しちゃいないかい?
たくさんの初動捜査ミスが現実にあるだろ。

坂本一家殺人事件のから始まるオウム真理教の一連の捜査は、致命的なミスだぞ。
神戸だったかの異臭(サリン?)事件も誤った人間を犯人として拘留した。
明らかな初歩的捜査ミスだ。
ある意味、地下鉄サリン事件の責任は警察にある。

世田谷一家殺人事件は今も解決してないぞ。
物的証拠も充分にあるはずだ。

近年、刑事事件の検挙率が下がっているのは事実でしょ。
今までの古い世代は、「警察はお上」「お上には従う」などの価値観があるが、
今の世代には、そんなくだらんものは無い。
また、警察に対する不満・不信は高まってる。
続々と続き一向に収まらない不祥事、無意味な交通違反の取締り、警察に反感を
持つ者も増えてる。
だから、古い世代みたいに「お上の命令には従う」なんて気持ちは薄れてる。

日本警察の捜査は、国民の協力による所が大きい。
警察の捜査能力が協力なのではなくて、国民の手助けがあってのこと。
それを失って今、警察の捜査は迷走してる。

刑事だって警察官上がりがほとんど、そりゃ経験を積めば迫力・ハッタリは出せる
ようになるさ、けど、イコール「刑法などの法知識がある」というわけではない。
彼らが持ってるのはあくまで仕事上必要な「断片的な知識」だけ。

28 :無責任な名無しさん:02/03/22 04:16 ID:S0AMJxHq
刑事が「法知識」がないということはまずありえません。そういう人は刑事になれません。
数多い警察官の中で、どうやって選抜されているか知ってるんですか?
それに警察の昇進試験がどういったものかもご存知ないようですね。

29 :無責任な名無しさん:02/03/22 07:49 ID:z74Ixlw2
>刑事が「法知識」がないということはまずありえません
ないとは言ってない。

>彼らが持ってるのはあくまで仕事上必要な「断片的な知識」だけ
と言ったんだ。
じゃあ、無知な私のために具体的にご教授下さい。

それに反論するなら、1部分ではなく全体に対しての意見(肯定否定)を言ってもらいたい。

30 :無責任な名無しさん:02/03/22 09:50 ID:HvegBExF
>>29
意味不明

31 :無責任な名無しさん:02/03/24 09:22 ID:hLWGhiz5
現行法では検察の捜査権が認められているし、身分保障が検察のほうがしっかりしているから、
汚職とかの犯罪は捜査してもいいと思う。
ただ、捜査について、検察が警察に対しての「指揮権」を持っているというのはおかしいと思う。
警察は協力機関なのだし、これには警察側も不満があると思う。
ログにあるけど、警察の監督は公安委員会だとか、そういうものがやるべきで、
検察がでしゃばるのは変だ。

32 :無責任な名無しさん:02/03/30 00:15 ID:aIUjPt75
 最近の司法改革でも『公判専従論』は議題に上りません。上る前に消されるのです。それだけ、検察は
捜査権を失うことを恐れているからです。もし、捜査権を失うと財務省をはじめとする中央官庁に対する
睨みが利かなくなる、というのが本音だそうです。

33 :無責任な名無しさん:02/03/30 09:19 ID:7xY8yHbs
捜査権を無くせとまでは言わないけど、補充捜査に限定するとか、警察への指揮権を廃止するとかは必要。

34 :無責任な名無しさん:02/03/30 10:17 ID:FeWrG1oc
べつにどーでもいいんだけど、このスレは警察官がカキコしてるの?
警察は好きだけど、刑事が法律知識あるというのはどうだろう。
刑事の半分以上は高卒だよね。
学歴がどうかじゃなくて、そもそも法律の基礎を知らないから、いくら断片的な
知識があっても、かなり危険だと思うよ。
たとえば、刑事は憲法をまったく知らない(不要だから)けど、そういう人に
捜査を任せるのはどうかな。

35 :警察じゃないけど:02/03/30 16:53 ID:JWVG9dxQ
>>34
刑事が法律を知らないってことはないですよ。
警察学校では法律の講義に相当な時間が割かれています。憲法も当然あります。
昇進試験でも法律が主要科目なんですよ。

36 :無責任な名無しさん:02/03/30 17:06 ID:JWVG9dxQ
そもそも、普通の検事が「犯罪捜査」を知っているかっていう問題がありますよね。
検察官の補充捜査とか指揮とかっていっても、実際の捜査の仕方を現場の警察官に
指揮するなんていうことは出来ないだろうし、それをやるなんていうこと自体奇妙
な話です。現実には公判を維持するための証拠固めの打ち合わせくらいです。
この情報が必要だとか、何々が必要だとかっていう。警察と検察が同じ組織なら
ともかくも、それを指揮権とするのは変な話だと思う。
まあ、私が言いたいのは、別の組織なんだから、指揮権なんて廃止して、
検察が独自捜査をするのなら検察官と検察事務官だけでやれってこと。
東京地検特捜部なんていうのはそうですよね。
別に検察から完全に捜査権をなくせなんてはいいませんよ。

37 :無責任な名無しさん:02/03/30 17:16 ID:JpvZE60P
どうやらこのスレで検察に捜査権を与えるべきではない若しくは制限すべきと
主張する人は2種類に分かれますね。
1、警察が検察の指揮下にあるのが気に入らない。
2、人権保護のため分離すべき。
3、アメリカ様がそうだからって人はさすがにいないみたいですね。

今警察と検察の捜査の違いとして
刑事が検事と同程度の法運用能力があるかが問題になってますが
これは検察に捜査権限を認めるか否かの本質から外れた議論である。
よってもうどうでもいいんじゃない?

現行の刑事でも十分やってる。教育も受けてるんでしょ?
要は起訴に足りる証拠を集めればいい。
足りなかったら検察は警察に持ってくるよう言えばいいし又は不起訴にすれば済む。
検察は簡単な調査をすれば足りる。
でもそれは検察の捜査権を否定する根拠にならない。弊害があれば否定すべきだが。
捜査権が二重にあると一方が怠慢でももう一方が補えるという利点もある。
警察だけに捜査権を集中した場合の問題点は身分の保証である。
警察は政治権力に屈しないだろうか?
自分が大学生のころ名前は忘れたが法務大臣が最高検のお偉方を呼びつけて
検察は法務大臣の指揮下にあると言い、問題となったが、このときこの最高検のお偉方は
検察の独立を主張し大臣(政治家)に屈しなかった。
警察にこれができればいいのだが。
警察は鈴木宗男氏に屈したのでは?
もっともあれは鈴木氏の主張どおり本当に違法っぽいから手を引いたらしいが、
鈴木氏(政治家)に口を出すなと抗議したのだろうか?

最後に、
理由1の人は気に入らない理由を書いてください。権力が集中しすぎというのは抽象的すぎる。
具体的にこのような弊害があるとか。
理由2の人は分離するとなぜ人権保護になるのか書いてください。
じゃないと法律勉強相談板にふさわしい議論にならない。だれもお互いから学べない。

38 :無責任な名無しさん:02/03/30 17:16 ID:mC8sg2Pb
1はなぜ分離する必要があるかの説明を全くしていないね。
法律家の議論の組み立て方としては最低。
内心ではずっと「俺の方が捜査は上だ」と思いながらも検察に頭が上がらない
定年間近の警部補がPC買ったことに喜びを感じてスレでもたてたのか?


39 :無責任な名無しさん:02/03/30 18:06 ID:nmjuA0jH
昨年、週刊朝日などで検察庁の調査活動費に関する「裏金」疑惑が
報じられました。事実かどうかはわかりませんが、事実ならば、
億単位の金額と遊興費という(報じられている)使い道から言って、
たいへん重大な問題と思われます。

もしこの疑惑が事実(事実でないかもしれません)で、問題が
国会等で浮上し、捜査の対象となるとすれば、捜査するのは
都道府県警察ですか? では起訴するのは、やっぱり検察? 


40 :無責任な名無しさん:02/03/30 19:45 ID:4ezCx9bT
http://www.sokamondai.to/jiken.htm
http://www.sokamondai.to/jiken2.htm


41 :無責任な名無しさん:02/03/31 12:29 ID:RBEUJ6Y3
40クリックしても大丈夫?

42 :無責任な名無しさん:02/03/31 12:32 ID:mMIJRE4h
>>41
大丈夫。まあ、これぐらいならば、注意する必要はないだろう。
ブラクラチェッカとかつかいなはれ。

43 :無責任な名無しさん:02/04/01 12:48 ID:lrKXTLC5
検察をチェックする組織とかはどうなってるの?

44 :無責任な名無しさん:02/04/01 14:27 ID:ESr2nmig
検察庁調査活動費減少について市民オンブズマンが疑問を指摘
http://www.khb-tv.co.jp/news/backnumber/n2001/0110/011030.html
1998年度の全国の検察庁全体の調査活動費は合わせておよそ5億5000万円で、
各検察庁に配分された調査活動費はほぼ全額が使い切られていました。
その後、1999年4月、「調査活動費が検察庁幹部の遊興費などに使われている」
との内部告発があったのを境に予算は激減したことも指摘しました。
1999年度はおよそ3億2000万円、2000年度は、2億2500万円あまりです。
仙台市民オンブズマンは「2年間で6割も減少するのは不自然だ。内部告発の
とおり幹部が遊興費として使った疑いがある」と指摘しました。
これについて法務省では「調査活動費の減少は情報収集方法の多様化に伴って、
コンピュータ・ネットワークの充実を図ることに予算を振り替えたためだ」と
説明しています。


週刊朝日1月18日号より
http://www3.asahi.com/opendoors/span/syukan/backnum/a20020118.html
96年度以降の検察庁の調査活動費の当初予算(単位万円)
1996年度:44261
1997年度:52013
1998年度:59740
1999年度:34845
2000年度:記載なし
2001年度:17142
2002年度: 8500(1998年度の15%弱)

これが告発文か?
http://www2.big.or.jp/~marcato/kensatu_kokuhatu.html


45 :無責任な名無しさん:02/04/01 14:48 ID:ESr2nmig
http://www2.big.or.jp/~marcato/kensatu_kokuhatu.html
が事実なら、事の重大性からいって、辻元氏の政策秘書の問題
で騒ぐのなどアホらしくなるのではありませんか? 



46 :無責任な名無しさん:02/04/01 15:54 ID:1tzh3C3w
みんなで辻元氏を告発しよう!

47 :無責任な名無しさん:02/04/01 17:17 ID:mmUwFBaz
不起訴が妥当かどうかを判断する検察審査会っていうのがあるけどさ、
これこそ形骸化というか有名無実なんじゃない?
もっと国民が検察を監視できるような仕組みが必要だね。
検察っていっても公務員なんだからさ。

48 :無責任な名無しさん:02/04/01 21:42 ID:GTpSF2of
>>46
告発したいならばsageないで。


49 :無責任な名無しさん:02/04/01 21:47 ID:GTpSF2of
>>47
そう自分が偉いんじゃない。
国民から人を牢屋に入れる権限を信託されているに過ぎない。
血税を遊興費に使うなど(事実とすれば)もってのほか。

50 :無責任な名無しさん:02/04/01 23:29 ID:5eyNpL3X
〔法務大臣の指揮監督〕
法務大臣は、第四条及び第六条に規定する検察官の事務に関し、検察官
を一般に指揮監督することができる。但し、個々の事件の取調又は処分
については、検事総長のみを指揮することができる。

 かつて、故・伊藤栄樹検事総長は終局的に法務大臣と検事総長との
見解が分かれた場合に、法相の指揮権発動に対して、「従う」「従わない」
「辞任する」の3つの対応が考えられると述べていた。
これは「指揮に従わないのは問題だ」として国会で大問題となり、秦野章元
法務大臣・元警視総監)は違法の考えだとして、伊藤氏を厳しく批判した。
この指揮権論議ほど検察の思い上がりが現れているものはないかもしれない。
国会議員のように民主主義的基盤を持たない検察が、法務大臣の指揮権を
無視するなどは絶対に許されないことである。

参考
秦野章『何が権力か』(講談社)
小室直樹『田中角栄の遺言』(ザ・マサダ)(クレスト社)
木村喜助『田中角栄消された真実』(弘文堂)
井上正治『田中角栄は無罪である』(講談社)

伊藤栄樹『検事総長の回想』(朝日文庫)

51 :無責任な名無しさん:02/04/02 01:16 ID:ml37d3LB
>>50
>国会議員のように民主主義的基盤を持たない検察が、法務大臣の指揮権を
>無視するなどは絶対に許されないことである。

裁判所もか?おめでてーな。政治家のいいなりかよ。

52 :横レス失礼:02/04/02 11:17 ID:u0JOPtEy
>>51
形だけとはいえ、最高裁判所判事の国民審査って知ってますか?

53 :無責任な名無しさん:02/04/02 21:19 ID:rmzZXsAN
事実でないならば、こんな週刊誌の見出しには、堂々と反論すべきだと
思うのだが…

http://www3.asahi.com/opendoors/span/syukan/backnum/a20011214.html
【検察「裏ガネ」追及第2弾】元検察事務官が怒りの激白!
「カラ出張費で『官官接待』『女体盛り』…」

子供達も、法律家を目指す青年もちゃんと見てるよ。

54 :司法制度改革:02/04/03 21:51 ID:eHUG7rDZ
 <検察庁運営への国民参加>

 検察庁運営について、国民の意見を反映させることが可能となるような仕組みを
 整備することとし、検察審査会が検察事務の改善に関し検事正に対して行う建議
 ・勧告の制度を充実・実質化することに関する所要の法案を提出するなど所要の
 措置を講ずる(法案提出につき平成16年通常国会を予定)。(本部及び法務省) 


55 :無責任な名無しさん:02/04/06 00:27 ID:Fsi1ZI5O
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/police/1004207596/l50

56 :無責任な名無しさん:02/04/06 17:05 ID:ewt3a0q2
>>49
>そう自分が偉いんじゃない。
>国民から人を牢屋に入れる権限を信託されているに過ぎない。
>血税を遊興費に使うなど(事実とすれば)もってのほか。
それを一番初めに知らなきゃいけないのは警察だなぁ。
タメ口で仕事をするバカ。
どうにかしてほしいよ。
自分に権力があると勘違いしてるのはこの人達。

57 :無責任な名無しさん:02/04/12 04:25 ID:MHA6sJlR
http://kyushu.yomiuri.co.jp/special/rouei/rou0202a.htm

58 :無責任な名無しさん:02/04/22 19:27 ID:H7RSaokU
詐欺などの疑いで22日逮捕された三井環・大阪高検公安部長は、
「調査活動費」を使った法務・検察の裏金づくりがあったと主張して、
近く公表する準備を進めていた。

 
http://www.asahi.com/national/update/0422/021.html

59 :無責任な名無しさん:02/04/29 17:24 ID:uka6fg/2
  (-_-)  誰も来ないんだもの…
  (∩∩)    だれか続きはじめようよ…

60 :無責任な名無しさん:02/04/30 12:15 ID:ovrKSoyR
http://www.sanin-chuo.co.jp/ronsetu/2001/02/08.html

61 :無責任な名無しさん:02/05/25 13:51 ID:CKZPYyQ1
検察から捜査権を分離独立させて、公判での当事者主義の徹底が必要。

62 :無責任な名無しさん:02/05/25 23:54 ID:hm1BNe2E
検察から捜査権をなくならしてしまったら、警察官による犯罪を取り締まるところがなくなるやろが。

63 :無責任な名無しさん:02/05/26 02:52 ID:ZVzls9QV
>>62
真性キチガイ


64 :無責任な名無しさん:02/05/26 04:26 ID:taKVeMBI
>>62
「分離」の意味わかる?

65 :無責任な名無しさん:02/05/27 04:18 ID:ysxtkwwB
形式的な捜査指揮権の関係で検察が上のように思うかもしれないが、実態は違うと考えるべき。
そもそも、第一次捜査機関である警察に第二次捜査機関である検察が指揮権を発動できるという
のは奇妙な話ではあるが、違法な指揮は出来ないわけであるのだから、特に気にすることもない
とは思える。とはいえ、正当な理由なくして検察の指揮に従わない場合は、検察は懲戒請求が可
能だ。ただ、この懲戒請求は普通の検察官は出来ずに、各検察の長である、検事総長、検事長、
検事正だけが行えることから、容易に請求ができるものではない。また、懲戒請求はあくまでも
「請求」の域を越えるものではなく、実際の懲戒権限をもつのは公安委員会である。公安委員会
は警察とは実質一体の関係であり、警察を管理監督するものである。そのため、実際のところ、
検察の懲戒請求を受け入れることはまずないとおもわれる。「正当な理由」は結局は、権限を
持つところの公安委員会が決定するからだ。これは妥当な措置ではある。公安委員会は多少なり
とも民意を反映していると考えられているからである。



66 :無責任な名無しさん:02/05/27 04:20 ID:ysxtkwwB
ここで捜査において、組織上の上官の指揮と検察官の指揮が対立する場合を検討してみたい。
通常、組織性が重要である警察官に対し、上官の指揮を排して別機関である検察の指揮を優先
させねばならないというのは余りにも酷であろう。その場合は、その上官と検察官とでの協議
になるが、それによっても解決がつかない場合、やはり警察官はあくまでも上官の指揮に従う
べきである。その場合、諸般の事情を考えた上、その行為を不当であるとするのであれ
ば、担当検察官は懲戒請求を出すことができる検事総長・検事長・検事正らと協議をすること
となる。協議の結果、懲戒請求を公安委員会に出した場合、公安委員会は審議の末に結論を
出すことになろうが、やはり警察に有利な判断が下されるであろう。
マスコミなどが、この指揮権についてあまり考察せずに実質的に検察を上としている論調が
たまに見られるが、それは正確でないといえる。
検察の指揮権については、あくまでも捜査活動に関することに限られているが、あまりに
ささいなことまでを指揮するとなると、職権濫用罪との疑いも出てくるため注意が必要である。

67 :無責任な名無しさん:02/05/27 04:21 ID:ysxtkwwB
警察の組織上の上官に公安委員会を含めた場合、公安委員会と検察官との意向が対立した場合、
問題となろうが、この場合は警察は公安委員会の指示に従わねばならない。
検察官はあくまでも懲戒請求者であり、懲戒権限者である公安委員会を超えることはないからで
ある。また、民主主義国家としては終局的な決定は民意に従うのが当然であり、公安委員会は
民意を反映しているとみなし、その決定に従うべきであろうことは異論はなかろう。
ただその場合でも、検察官自身の捜査活動が行えなくなるわけではなく、検察官は検察事務官を
指揮して独自捜査を行えることには変わりはない。あくまでも警察との関係だけの話である。
もっとも、実際には協議で決着がつくであろうし、まず、このような事態は起こらないであろう。

68 :無責任な名無しさん:02/05/27 20:42 ID:NZtfBQZf
>>63
真性キチガイ

69 :キャロルハウスメンバー:02/05/27 22:59 ID:KS83xy1I
検察と警察のどちらが信用できるか?
難問。


70 :無責任な名無しさん:02/05/27 23:20 ID:A0g8NSbl
>>62=68
真性キチガイ


71 :無責任な名無しさん:02/05/27 23:26 ID:t8FREstc
何でこのスレがあがってくるんだ?
検察のこと何も知らないやつばかりなのか?

72 :無責任な名無しさん:02/05/28 03:05 ID:US7FAXiP
法社会学っぽい議論になってますにゃ

73 :本屋:02/07/13 14:57 ID:3y2bunSL
知ってる方も多いと思いますが、中嶋博行という弁護士さんが書かれた
『検察捜査』『違法弁護』『司法戦争』(法曹3部作と呼ばれています)を
読まれることをお勧めします。推理小説ですが、色々考えさせられます。
なんだか宣伝っぽいですがw、文庫本で出てます。(講○社)


74 :無責任な名無しさん:02/07/13 17:20 ID:Y6ssQCTY
あげます

75 :無責任な名無しさん:02/07/14 19:07 ID:OHfElBwg
っていうか、地方自治体の組織である警察を、国の機関である検察が一定の
指揮をできるっておかしいんだよね。分権に逆行してる。

76 :無責任な名無しさん:02/07/19 16:32 ID:STbR4/WL
実際は警察屋が実質的に公訴権も持ってしまっている。
何の資格がある訳でない警察屋が取った調書の内容を
本訴でひっくり返す事は非常に難しい。
米兵が日本国内で犯罪を犯した時にもこの点を言われて
なかなか身柄引渡などに至らないが、実際反論しがたい
ものがあるのも事実である。

であるので真の意味で両者は分離して欲しいものである


77 :無責任な名無しさん:02/07/19 21:06 ID:dWI0+/zT
警察には公訴権はありません。
資格といいますが、警察官も司法警察職員としての資格を有しているでしょう。
調書のことを云々する前に、検面調書と警面調書の証拠力の違いや、警察法等を勉強しましょう。



78 :無責任な名無しさん:02/08/07 14:54 ID:2UZqjlIT
検察の本来の役目は公訴を担当すること。第一次捜査機関の警察に口を出してくる
というのはおかしな話。アドバイザー役が妥当なところで、「指揮」なんてふざけている。
不当な検察の指揮は職権濫用罪にならないか?

まあ、警察の職務も、犯罪捜査の司法警察としての役目と、犯罪の予防・鎮圧という
行政警察としての役割があるが、行政警察活動は警察の独占権限だから、検察は文句を言えないが。

79 :無責任な名無しさん:02/10/09 18:25 ID:Jnyx7nHg
確かに今のままではおかしいかも

80 :無責任な名無しさん:02/12/10 21:21 ID:SHsylSlF
検察の捜査には歯止めが必要。自分で捜査して自分で起訴してマスゴミが
それにのれば当事者はかぎりなくクロで長い公判期間を過ごすことになる。
数年前、京都の大学病院の治験疑惑で地検が捜査したが、兼業である
治験総括医師の業務での金銭の授受であること知らず踏み込んでしまい、
起訴できなかったことがある。法学部の某教授が特高警察なみだと評していた。。。

81 :無責任な名無しさん:02/12/10 23:52 ID:57If60Xh
結局



縄張り争い

82 :>81:02/12/12 19:47 ID:b+sG1/cX
普通の人にはそう見えるかも

83 :山崎渉:03/01/06 09:33 ID:VB9zJZM/
(^^)

84 :山崎渉:03/01/18 03:07 ID:ceOH9v9Q
(^^;

85 :一念岩通 ◆VvOQaCxStw :03/01/28 06:24 ID:Pmh3JQYF
審査会「起訴相当」なら 弁護士、検察官役も
http://www.asahi.com/national/update/0128/005.html
政府の司法制度改革推進本部は、検察官の不起訴処分の妥当性を判断する
検察審査会の権限を強化する方針を固めた。同審査会が「起訴相当」と議決した
場合は、裁判所が指定した弁護士が検察官役となって公判に立ち会う制度を導入
する。これまでは検察官が起訴権を独占してきたが、この原則を改め、公訴権に
民意を反映させようとする改革だ。
 検察審査会では、市民から選ばれた審査員11人が議決に参加する。議決は、
起訴を求める度合いが強い順に「起訴相当」「不起訴不当」「不起訴相当」がある
が、この議決には、検察官を従わせる法的な拘束力はなく、「起訴相当」
「不起訴不当」のうち、再捜査のうえ起訴された事件は00年で34%に過ぎない。

 推進本部の内部で合意したのは、拘束力をもたせる議決を「起訴相当」に限定し、
裁判所が指定した弁護士が公判を維持するという点。

 「起訴相当」の議決後、いったん検察官に再考の機会を与えるか、それともすぐ
に公判を提起する手続きに入るかなどについては関係者の間に意見の違いがあり、
28日に開かれる司法制度改革推進本部の刑事・裁判員検討会(座長・井上正仁
東大教授)で、さらに詰める。

 今回導入される「指定弁護士制度」は、現在も公務員の職権乱用などが不起訴に
なった場合に、告訴・告発人が裁判所に請求する「付審判」で利用されており、
その運用を参考にする。 (05:59)



86 :無責任な名無しさん:03/01/28 06:36 ID:fQkuMbAf
便利な世の中になったもんだ・・・
http://homepage3.nifty.com/digikei/ten.html

87 :無責任な名無しさん:03/02/02 23:21 ID:1e+RHZFH
警察官は馬鹿だけど黒帯だ

88 :おしえて筋弛緩剤殺人医師:03/02/17 21:55 ID:dMFodIat
川崎の女医は本当に末期の患者に筋弛緩剤注射して殺人罪で
起訴になったけど
6年前京都の院長は業者の接待をうけるためにタクシーを待たせていた
ために弛緩剤をうって死亡させて不起訴!
なぜそうなるの?

89 :山崎渉:03/03/13 14:01 ID:cIx8UKf8
(^^)

90 :無責任な名無しさん:03/03/13 16:09 ID:kCNmdtG0
現行の検察審査会は市民が意見を述べることだけでも意味があって、
それなりの機能を果たしてきたと思うが、市民の司法参加と民主主義の
実質化のためにもう少し機能を高めて、ある程度の拘束力を持たせてもいいと思う。

http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/shihou/29.html

91 :無責任な名無しさん:03/04/13 17:45 ID:8gAoh3gj
>>1
自分に権力がホスィのですか?

92 :無責任な名無しさん:03/04/13 19:08 ID:nzg8/E7h
>>65-67
すばらしい
俺も早くそんな文章書けるようになりたいね
論旨明快!

93 :山崎渉:03/04/17 08:39 ID:Hj+bXxDo
(^^)

94 :山崎渉:03/04/20 03:46 ID:fZ/BYmMP
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

95 :山崎渉:03/04/20 03:53 ID:fZ/BYmMP
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

96 :見せかけの善人:03/05/01 09:22 ID:37Ugw49h
  <血液型A型の一般的な特徴>(見せかけのもっともらしさ(偽善)に騙されるな!!)
●とにかく神経質で気が小さい、了見が狭い(臆病、二言目には「世間」(「世間」と言っても、一部のA型を中心とした一部の人間の動向に過ぎない))
●他人に異常に干渉して自分たちの古いシキタリを押し付け、それから少しでも外れる奴に対しては好戦的でファイト満々な態度をとり、かなりキモイ(自己中心、硬直的でデリカシーがない)
●妙に気位が高く、自分が馬鹿にされるとカッと怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際にはたいてい、内面的・実質的に負けていることが多い)
●権力・強者には平身低頭だが、弱者に対しては八つ当たり等していじめる(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる(特に人が見ていない場合))
●あら探しだけは名人級でウザく、とにかく否定的(例え10の長所があっても褒めることをせず、たった1つの短所を見つけては貶す)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格が鬱陶しい(根暗)
●何でも「右へ習え」で、単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質・異文化を理解しようとせず、あるいは理解を示さず、排斥する(差別主義者、狭量、視野が狭い、多数派=正しい と信じて疑わない)
●集団によるいじめのリーダーとなり皆を先導する(陰湿かつ陰険で狡猾)
●他人の悪口・陰口を好むと同時に、自分は他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(自分がそうだから容易に他人を信用できない、ポーズだけで中身を伴っていない、世間体命)
●たとえ友達が多くても、いずれも浅い付き合いでしかなく、心の友達はおらず孤独(心の感度が低く、包容力がなく、冷酷だから)
●頭が硬く融通が利かないためストレスを溜め込みやすく、また短気で、地雷持ちが多い(不合理な馬鹿)
●たとえ後で自分の誤りに気づいても、素直に謝れず強引に筋を通し、こじつけの言い訳ばかりする(もう腹を切るしかない!)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

97 :名無しさん:03/05/19 00:47 ID:2lHur9TH
三井環が獄中手記光文社から出版 京大講師逮捕事件の真相!

98 :無責任な名無しさん:03/05/20 20:04 ID:t/T44HoP
スレタイとは逆に,検察が捜査の主宰者でない方が疑問。

99 :無責任な名無しさん:03/05/20 22:45 ID:PjhNgLzo
Kが集めてきた証拠だけで有罪取れるか?
公訴事実すら書けないこともあるぜよ。

ケイ素法で定められた証拠収集を
番所がほとんどやらないのもなんだかなぁ

100 :無責任な名無しさん:03/05/20 23:16 ID:LAUjokRI
100ゲット!

101 :無責任な名無しさん:03/05/20 23:35 ID:EiCNYIeb
第一次捜査機関の警察に口を出して指揮してるんじゃなくて
証拠収集のやり方を教えてあげてるの。

裏も取らずにパクってくるんじゃないよ。時間ないんだから。
きちんと有罪取れる証拠集めてきてね。

102 :無責任な名無しさん:03/05/20 23:40 ID:odaG6Trp
>>101
勾留請求したのに,観護措置されちゃうとツライの?

103 :無責任な名無しさん:03/05/20 23:41 ID:RLmCou/d
まあ検察も捜査部門と公判部門に分かれてるわけで
その捜査部門を警察にゆだねるという考えもあるでしょう。
その場合は、公判維持できるだけの証拠収集能力が警察に要求されることになるし
検察による警察への捜査指揮が充実しないことには話になりません。
警察に検察官を送りこめば話は早いけど仲が悪いんで人事交流がないんだねえ、これが。

104 :無責任な名無しさん:03/05/20 23:43 ID:odaG6Trp
>>103
偽物かな?

105 :無責任な名無しさん:03/05/20 23:45 ID:RLmCou/d
誰の偽者だよ…

106 :無責任な名無しさん:03/05/20 23:46 ID:odaG6Trp
>>105
 検察官又は検察事務官若しくは法曹のね。

107 :無責任な名無しさん:03/05/20 23:50 ID:RLmCou/d
>>106
なるほど。

108 :無責任な名無しさん:03/05/21 00:04 ID:KZOOERZp
>>107
 つまり,君は,警察に対し,実務を通じて,
刑訴法を指導しているような人間ではないわけだね(>>101参照)。

 横から,チャチャ入れて,御免ね。
また,無敵モードで妄想炸裂させてください。

109 :無責任な名無しさん:03/05/21 01:08 ID:wWq/v+Xv
 >>107
  >>102の問題は、刑訴の基本書読んでも出てこないだろうね。
  がんばって、もっとマシなハッタリ
 かませられるようになってね。

110 :無責任な名無しさん:03/05/21 16:58 ID:lMhEqZ0A
「基本書」なんていう発想がねぇ。。。

111 :山崎渉:03/05/21 21:27 ID:DcRYIGF1
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

112 :山崎渉:03/05/21 23:09 ID:Rhmn0OSj
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

113 :無責任な名無しさん:03/05/24 21:15 ID:A50G9H2r
実務で基本書なんて使いません

114 :109:03/05/24 22:37 ID:s77CF8OP
令状の基本書として,
令状基本問題,判例時報社,新関雅夫他,上下巻を
使っていますが何か?

115 :無責任な名無しさん:03/05/24 23:03 ID:oMcaHtV3
>>113
基本書という意味の相対性を理解していない。

 どうせ,せいぜい,3か月の検察修習で
検察の全てを理解したと勘違いしている修習生止まりなんだろうけど。

116 :山崎渉:03/05/28 14:02 ID:0CdyIuQr
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

117 :無責任な名無しさん:03/06/20 18:28 ID:ti5JLMo2
趣旨とはずれるが、裁判所に対して量刑が不当として訴える(表現微妙だけど)
と言うか上訴、上告すると言う点で三審制は裁判所の量刑に対する一定の
チェック機能になってるとは思うのだが、検察の求刑が不当であった場合に
実質上のチェック機能となりうる機能、機関と言えるものは現実にはどの
程度あるんだろう?検察審査会のような事実上検察の内部機関のような機関では
検察官が不当に軽い求刑を行った場合にそれをチェックしうるとは思えないのだが・・・。

118 :無責任な名無しさん:03/06/22 01:07 ID:d0U80Tg0
求刑より重い判決を出すことがある裁判所、とか(w)

119 :無責任な名無しさん:03/06/22 17:52 ID:/SH0K733
検察官の求刑に法的意味はないのだから、裁判所は求刑に全く縛られず、
法定刑の範囲内で重くも軽くも判決できるよ。

120 :山崎 渉:03/07/12 11:40 ID:Cvft++gy

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

121 :無責任な名無しさん:03/07/12 16:52 ID:PADHu1RJ
10万円の10%は幾ら?
私は、多重債務相談のときには、利息制限法の説明をすることにしている。
「あなたが借りたところの利息覚えている?」覚えている人は少ない。
10分の1だとか、1割だとか、いろいろとヒントを言って、ようやく、
10万円の10%が1万円であることをわかってもらう。
私は、多重債務者相談の時、こちらから、ずらずらと話をしていた。
あるときから、質問方式に変えた。質問方式に変えて、もう数年以上になる。
そして、気付いた。
20代、30代前半位の人の場合、10人の内3人位の割合で、
このような答えが出てくる。

学力低下が巷で議論されている。
こんな基本的なことが、高校を卒業しているという人にもわからない人がいる。
私が説明する利息制限法の説明は、小学校3年生か、4年生程度で習う算数だ。
掛け算、割り算、足し算、引き算という世界である。しかし、教える技術が進み、
人クラスの人数が少なくなり、先生が生徒をよく把握できるようになっているはず
であるのに、こんなに基本的なことが理解されていないのが現実だ。
現実には、全くわかっていないということがあることを思い知らされる。
心して対処しなければならないと、いつも思う。
私は債務者をバカにしています。
この様に、債務者を利用してお金を窃取しています。
                           釧路・昆法律事務所
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

122 :山崎 渉:03/07/15 12:59 ID:h3TMJ6dt

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

123 :無責任な名無しさん:03/07/20 12:45 ID:pKSEvu6G
で、辻っちは拘留付いたの?


124 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 02:57 ID:1q0qR2IH
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

125 :山崎 渉:03/08/15 18:10 ID:K1uVDh+0
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

126 :時代は個人主義:03/08/28 10:38 ID:9As0LUsi
  こんな薄汚いA♂を己の私利私欲のために利用するO♀は害虫。
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけのもっともらしさ(偽善)に騙されるな!!)
●とにかく神経質で気が小さい、了見が狭い(臆病、二言目には「世間」(「世間」と言っても、一部のA型を中心とした一部の人間の動向に過ぎない))
●他人に異常に干渉して自分たちの古いシキタリを押し付け、そこから少しでも外れる奴に対しては好戦的でファイト満々な態度をとり、かなりキモイ(自己中心、硬直的でデリカシーがない)
●妙に気位が高く、自分が馬鹿にされるとカッと怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際にはたいてい、内面的・実質的に負けていることが多い)
●権力・強者には平身低頭だが、弱者に対しては八つ当たり等していじめる(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる(人が見ていない場合特に))
●あら探しだけは名人級でウザく、とにかく否定的(例え10の長所があっても褒めることをせず、たった1つの短所を見つけては貶す)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているので性格が鬱陶しい(根暗・陰気)
●何でも「右へ習え」で、単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質・異文化を理解しようとせず、あるいは理解を示さず、排斥する(差別主義者、狭量、視野が狭い、多数派=正しい と信じて疑わない)
●集団によるいじめのリーダーとなり皆を先導する(陰湿かつ陰険で狡猾)
●他人の悪口・陰口を好むと同時に、自分は他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(自分がそうだから容易に他人を信用できない、またポーズだけで中身を伴っていない、「世間体命」)
●たとえ友達が多くいても、たいていは浅い付き合いでしかなく、心の友はおらず孤独(心の感度が低く、包容力がなく、冷酷だから)
●頭が硬く融通が利かないためストレスを溜め込みやすく、また短気で、地雷持ちが多い(不合理な馬鹿)
●たとえ後で自分の誤りに気づいても、素直に謝れず強引に筋を通そうとし、こじつけの言い訳ばかりする(もう腹を切るしかないだろう!)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男前やのに、なんでやねん!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

127 :無責任な名無しさん:03/09/03 21:57 ID:NbsuXTyU
例えば、逮捕権は有しないが、公訴権その他捜索押収の権限を持つ
公選の地方検察官とか作ったらよいんじゃないの?。


128 :無責任な名無しさん:03/09/03 22:01 ID:jFLbMnGH
>>127
逮捕権?
まあ,逮捕状を請求する権限を無くしてなんかあるの?

129 :無責任な名無しさん:03/09/07 21:35 ID:FOACy6gW
     >>1  >>3   >>13
証拠収集活動の「捜査」とは別に、証拠が十分備わってるかを吟味する「審査手続」
を設置
              ↓
   不充分な証拠で嫌疑が残るときは警察に差戻し

  これなら、問題ないと思うが

130 :無責任な名無しさん:03/09/08 04:46 ID:u3P9BCkG
別件逮捕 拘置所 留置所 刑務所 

131 :無責任な名無しさん:03/09/08 18:03 ID:KmZ7oFum
警察内部の犯罪隠しが盛んに騒がれてからまだ間もないのに、
検察から捜査権を取り上げるなんて、ナーンセーンス!

132 :無責任な名無しさん:03/09/10 23:33 ID:QMGcAPc1
   >>131
 取り上げるというより制限すればいい
 検察もどこまで警察の不正暴けるか疑わしいが

133 :無責任な名無しさん:03/09/15 17:55 ID:Qw6AOJ3A
  >>132
通常事件での検察の捜査は失敗が多い
甲山事件もそうだった
あくまで、警察捜査のチェックに徹するのが基本
汚職捜査だけしていればよい

134 :無責任な名無しさん:03/09/16 14:51 ID:1jLmrTnc
  >>76  >>77
検事調書に比べ、警察調書の証拠能力は、著しく制限されてます

135 :無責任な名無しさん:03/09/17 22:45 ID:+Em4i9nM
  >>121
 それでこの弁護士先生に依頼人は何を相談しにきたんだ?
 自己破産か?
 賭博だと免責降りないこととかも教えてるの?

136 :無責任な名無しさん:03/09/18 20:43 ID:nMD45nPn
検察が捜査権を持つのは公訴を維持するため。

大型の詐欺事件や贈収賄の場合、被告人の方も大物であることが多く、捕まらないために幾つもの脱法的な対策を練っていて事件が複雑になっている。
このように複雑な事件は公判で立証しなければならないことが多く、しかも細かであることが普通である。つまり捜査の段階で公判を考えた捜査の仕方をしないと、証拠が足りなくて無罪判決や公訴棄却されてしまうことになる。

しかしながら警察はその性質上、公判の維持というよりもむしろ犯人検挙ということに重点が置かれがちである。(但し、これは別に悪いことでもなんでもなく警察と検察の目的の違いから生じる際に過ぎない。)
だから警察の捜査で出てきた証拠だけでは難しい事件の公訴を維持するのは検察官にとっては大変なことなのである。

そうは言っても公訴の維持を見据えた捜査ということであれば、訓練次第で警察にもそのような捜査をすることは出来るだろう。
しかし、やはり実際に主張立証する検察自体が直接捜査で得た証拠に基づいて公判を行った方が、警察という他の機関が得た証拠に基づいて公判を行うよりも無駄の無い公判になると考えられる。

したがって検察にも事件が複雑で公判の維持が難しいと考えられる事件については捜査権を与えるのは極めて合理的な考えであって、掴んで放したくないから捜査権を握っているとは言い切ることは出来ない。


137 :無責任な名無しさん:03/09/19 00:51 ID:S8cQ+VIc
おれもそうおもう。

138 :無責任な名無しさん:03/09/21 20:51 ID:GqGyNrIk
>>136
 警察に差し戻す処分を設置すればよい
 通常事件はそれで十分
 むしろ自らの失敗で維持になったときの方が怖い
 甲山事件みたいにね

139 :無責任な名無しさん:03/09/22 00:02 ID:vvCsdwge
>>117
検察審査会のこと知ってて書いてる?
 検審は,検察庁ではなく裁判所の内部機関です。
 そもそも検審は不起訴処分について審査するだけで,求刑の妥当性を
 審査する権限は与えられていません。

140 :無責任な名無しさん:03/09/24 18:31 ID:gw/oVpZM
ここお

141 :無責任な名無しさん:03/09/26 20:51 ID:jrxLHMMG
>>139
刑罰については裁判官はホント拘束されないよね
民事と比べ危なっかしい

142 :無責任な名無しさん:03/09/27 10:18 ID:ib+2iU4h
裁判員は刑罰の判断まで参加ますね

143 :無責任な名無しさん:03/09/27 12:49 ID:v6TaDA4D
三井さん頑張れ
  あなたの復権を信じます

144 :無責任な名無しさん:03/09/30 13:02 ID:+RnVObMt
今の検事に期待してはならない

145 :無責任な名無しさん:03/10/01 14:18 ID:zwVqUqmf
腐敗した公用車でクラブ行く ダニ

146 :無責任な名無しさん:03/10/02 13:33 ID:cu/bhfk/
裁判所も自己保身の小役人ばかり

147 :無責任な名無しさん:03/10/05 19:33 ID:h/0r7Wzh
公訴権の方もコンピュータープログラムでなるたけ済ませ
 役人の存在自体腐敗の温床

148 :無責任な名無しさん:03/10/08 13:52 ID:f58AjtOf
アメリカの検事はどうなんだ?


JFKの検事局長みたいに自分で捜査することもあるのか

149 :無責任な名無しさん:03/10/11 14:42 ID:bt7Mzr8v
(^_^;)
誰も書かないな
まあ、関係ないものな

150 :無責任な名無しさん:03/10/11 14:48 ID:UlzxjFUm
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
キャッシングサービス展開中


★全国即日銀行振り込み対応。

☆借入件数の多い方もご相談ください。

★秋だから・・キャンペーン
 ネットからのお申し込みだと低金利!!
 
P C http://www.ho-rai.com

携帯   http://www.ho-rai.com/index_i.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

151 :無責任な名無しさん:03/10/15 19:51 ID:mdpH8Kls
大阪地検特捜部は最初から当てにならないところ
松本清張がそう言ってたそうな


152 :無責任な名無しさん:03/10/20 13:47 ID:4CXlZZAn
今の上ばかり見ている「ヒラメ判事」なら、三井さんを有罪にするかも。
現在の公安部長が、暴力団情報に詳しいはずもないが。

153 :無責任な名無しさん:03/10/21 13:57 ID:VBMA/WKE
役所に無駄な期待をさせる新聞報道は間違ってる。

154 :無責任な名無しさん:03/10/24 21:27 ID:NLUngKHM
検察の組織改革はいつになるのやら
負けるな、三井さん

155 :無責任な名無しさん:03/10/25 08:52 ID:Wyxcqme8
政権交代のない日本で権力の腐敗はとどまることを知らない

156 :無責任な名無しさん:03/10/26 13:36 ID:RB+/hlud
政権交代がないのは有権者の責任だけどね

157 :無責任な名無しさん:03/10/28 10:39 ID:aGMesSU1
age

158 :無責任な名無しさん:03/10/30 04:38 ID:XUXNom8Y
検察から捜査権なくせば検事調べなくて済む?
東京地検同行室は椅子が固すぎてケツが割れるよ。
狭い檻に閉じ込められて一日中ワッパだし、
飯時に脱糞するシナ人いるし、本は持ち込めない、話はできない。で、暇!しかも一日待っても調べ無く逆送もアリ。
あの苦痛。検事の前で饒舌にする為の策かと思うよ。
あーそうですよ。被疑者には適切な処置ですよ。
代替監獄という悪印象の留置所は刑事課から留置係にわかれたので
過酷な調べによる自白の強要はもはやなひらしい。
独立を象徴する様に刑事が留置場の中に入れない事が印象的でした。

159 :無責任な名無しさん:03/11/03 20:25 ID:PIJ/f5mC
>>158
人権侵害なく吐かせる手立てはあるのだと感心(^_^;)

160 :無責任な名無しさん:03/11/03 23:36 ID:nV+8ajea
大阪弁護士会の石松竹雄先生(元判事)は、「証拠法」に関して戦前よりひどくなっているとおっしゃっている。
そりゃそうでしょ、KS丸写しにする取調べ検事がいるんだから・・・。゜д゜)鬱死・・・

161 :無責任な名無しさん:03/11/04 23:17 ID:gIcrf+AV
英米みたいに、取調べの一部始終を録音するシステムの検討の動きはありますか(・_・)

162 :無責任な名無しさん:03/11/05 00:21 ID:0c9oXBUz
捜査権の警察との綱引きは戦後の新刑訴法制定時からあり、戦前の検事局からの検事は捜査の主宰にこだわり、警察は英米法のやり方を推進した。
日本独自の法律文化で木に竹をつぐ式で折衷案に落ち着いたが、特捜なんかはその名残かもしれん。


163 :無責任な名無しさん:03/11/05 09:15 ID:1Cf0N8DT
特捜部なんて何の役にも立たない。
汚職捜査も腰砕け。



164 :無責任な名無しさん:03/11/10 15:53 ID:bt4qDIvH
米国の刑事裁判手続

@警察の逮捕
  ↓
A治安判事による予備審問
       逮捕が適法なら勾留
       多くの場合保釈
      
       勾留しておくだけの証拠の有無の審査
   ↓
B検察官の起訴  私人の告発
      裁量は大きい
      司法取引で訴追されない訴因も
   ↓
C大陪審
     小陪審への正式起訴
     但し、現状では半数が検察官の略式起訴にとってかわられている

     罪状認否手続→司法取引
            刑の減軽か訴因を減らす
   ↓
  有罪答弁→85%以上の被告人がここで有罪確定

  否認
   ↓
         
     






165 :無責任な名無しさん:03/11/10 16:01 ID:bt4qDIvH
D小陪審=トライアル手続

     陪審員の選考手続
      ↓
     検察官の冒頭陳述
      ↓
     検察側の証人尋問
      ↓
     被告人側の証人尋問
      ↓
     被告人側の最終弁論
      ↓
     検察側の最終弁論
      

166 :無責任な名無しさん:03/11/10 16:07 ID:bt4qDIvH
     ↓
    評決
       従来は全会一致だったが、70年代よりそうでない評決も合憲
       とされるようになった
     ↓
    裁判官は、有罪の評決が出ても、無罪の判示ができる
    証拠の採否の誤りや、新証拠発見の場合、再審理に付すこともできる    
    s

167 :無責任な名無しさん:03/11/10 20:15 ID:bt4qDIvH

E量刑の判示
 ↓
F上訴
  無罪評決に基づく無罪判決には、検察側は控訴できない

168 :無責任な名無しさん:03/11/10 20:27 ID:bt4qDIvH
米国の重要判例

@違憲立法審査権の確立→マーベリ対マディソン事件

  二つの法の衝突するとき、その効力を決定するのは司法権の義務である。
  成文憲法がある以上、憲法が法律に優位する。
  もし、これに反対するなら、成文憲法を覆し、立法府を無制限で全能
  なものにしてしまう。

169 :無責任な名無しさん:03/11/10 20:33 ID:bt4qDIvH
    ↑
事件自体は、連邦最高裁と下級裁判所の管轄権の配分につき、憲法の明文以外
上訴審のみ最高裁の管轄にするという文言を根拠に、事件の管轄自体を
否定したものに過ぎなかった。

170 :無責任な名無しさん:03/11/10 20:34 ID:bt4qDIvH
>>169
マーシャル首席裁判官

171 :無責任な名無しさん:03/11/10 20:52 ID:bt4qDIvH
A納税者訴訟 フラスト対コーエン事件(1968)

連邦納税者は、@納税者の地位と違憲性を争う法律の間に論理的連結があり、
A納税者の地位と憲法侵害の明確な性質につながることを、要する。
宗教学校への財政助成を政教分離違反として提訴された。
  ↑
スチュワート、フォータス、ダグラス判事賛成
ハーラン判事反対

172 :無責任な名無しさん:03/11/10 21:06 ID:bt4qDIvH
    ↑
本件では原告適格を認めた。
@助成には多額の税金が支出され、財政支出と政教分離は論理的に
関連している
A政教分離の議会に対する支出の制約侵害に納税者は明白な利害関係を
有する。


B統治行為論 パウエル対マッコーマック事件(1969)


173 :無責任な名無しさん:03/11/10 23:33 ID:bt4qDIvH
下院議員の資格裁判権は、明文上、下院に授権されたに過ぎない。
非司法的な政治判断や政治部門への敬意の欠如が司法審査に必要な場合に当らない。
  ↑
ウォーレン長官

174 :「起訴相当」に法的拘束力 検察審査会強化で座長試案:03/11/11 19:39 ID:vnCv7/qs
 検察審査会の権限強化をめぐり、司法制度改革推進本部の「裁判員制度・刑事検討会」座長、
井上正仁東大教授は11日、「起訴相当」の議決に法的拘束力を与え、裁判所指定の弁護士が
起訴と公判を受け持つことを柱とする試案を公表した。
 検察官の起訴独占主義に大きな例外を設け、公訴権に民意を反映させる内容。
一方で市民から選ばれる検察審査員の秘密漏えいなどの罰則強化検討も盛り込まれており、議論を呼びそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031111-00000143-kyodo-soci

175 :無責任な名無しさん:03/11/11 21:37 ID:zbKOPdBo
>>174
検察庁の抵抗で通りそうも無い(・_・)

176 :無責任な名無しさん:03/11/11 21:41 ID:zbKOPdBo
甲山事件の大問題化が、検察審査会の起訴相当議決に端を発した以上、
素直に賛成はできないな。
検察の捜査同様、能力を超えた権能だ。
相当な制約を課さないとな。

177 :無責任な名無しさん:03/11/11 21:45 ID:zbKOPdBo
佐藤幸治といい、大学の先生が「識者」と称して偉そうにするのは
観ていて不愉快だ。
曽野綾子のような作家もだがな。

意見を募りたいなら、公募するなり、専門家個人に意見書を提出させれば良い。

178 :無責任な名無しさん:03/11/13 15:13 ID:F31Em9Zo
地方検事 =州地区検事局長

大概選挙で選ばれる

田舎だと新米弁護士
スタッフもろくにいない


都市では人望ある法律家
予算人員 多い

179 :無責任な名無しさん:03/11/13 15:19 ID:F31Em9Zo
英国の法曹 バリスタとソリスタ

バリスタ 事務弁護士 数は割と 多い

180 :無責任な名無しさん:03/11/14 11:52 ID:4tRV/axV
質問なんですけど、検察に「告訴状」を出しても、「起訴・不起訴の決定と
その理由」を伝えない場合なんですけど、法律上、どのように対処していけ
ばよろしいのでしょうか??

たしか、「行政の不作為」という形での、対処はおかしかったと思うのです
が、どのように法律上はなってるのでしょうか???


181 :無責任な名無しさん:03/11/14 13:09 ID:LGssU2w6
準抗告(429条)にも載ってません。
検察庁に要求して応じないない場合、国家賠償訴訟起こすか
不起訴になったとき、その旨告げて検察審査会に不服申し立てするしかない
のでは。

182 :無責任な名無しさん:03/11/14 18:37 ID:LGssU2w6
コモンローとエクィティーの融合

@コモンロー→国王の裁判所は王国の一般的慣習による
       慣習法の全国統一
           ↓                ↓
                            王会
12世紀 四部法書=アルフレッド王、ヘンリ1世法典     ↓
      ↓
    グランビル                   財務裁判所
      ↓                     民訴裁判所
                            王座裁判所
    ブラクトン
       あくまで王による裁判

  地方では巡回裁判所



183 :無責任な名無しさん:03/11/14 19:24 ID:GK72sbI6
>>181
国家賠償といっても、確か、あれは「制限が」ありましたよね。
賠償できる損害に制限がありましたよね。

で、「検察・警察が 告訴に対して『起訴・不起訴のどちらかと 理由を
連絡しない』場合」は、これに該当するのでしょうか???

シロートなので、あんまりわからないので、申し訳ないですが教えてください。

(ひょっとしたら、「告訴に対しての 起訴・不起訴とその理由の告知」をし
てもらえる「権利」というのがあって、これに対しての「侵害」にあたるとか
なんでしょうか??)


184 :無責任な名無しさん:03/11/14 19:28 ID:GK72sbI6
>>181
さらに、「国家賠償法」を見てる限り

「公務員が職務を行うについて」「故意または過失で 他人に損害を与えたとき」
ってなってるのですが、「職務を行わない場合」というのは、どのように考えたら
よろしいのでしょうか??


185 :無責任な名無しさん:03/11/14 23:56 ID:LGssU2w6
職務をなす義務ある場合にこれを怠った場合でしょ。

186 :無責任な名無しさん:03/11/15 01:00 ID:9NtydR8g
>>185
刑事訴訟法に「告訴を受理したらしないといけない」ってなってることは、
警察の義務になるんでしょうか???

義務っぽいですが・・・。

だから、「捜査がいい加減だったこと」とかに対しては、「捜査自体」は
治安維持が目的で行われるものだから、「それがいい加減だったため」に
起きた損害を「警察に国家賠償で請求する」ってことはできない
って話だったはずですが、「告訴を受理して 起訴・不起訴を決めない」
ってことによって起きた不利益は請求できるのでしょうか???


187 :無責任な名無しさん:03/11/19 21:20 ID:36RDqZxY
しても普通は通らないでしょう。
検察に今の裁判所が厳しい態度に出られるとは思えない。

188 :無責任な名無しさん:03/11/27 22:43 ID:OI4HsO6d
訴追裁量て極端な差別的取扱いの場合しか違法にならないという判例があります。

189 :無責任な名無しさん:03/11/27 22:44 ID:OI4HsO6d
極限的な事例で無い限り

 だったはず。

190 :無責任な名無しさん:03/11/27 22:47 ID:OI4HsO6d
訴追権限も、法律や裁判所規則、政令で縛った方が良い。

住友銀行の明白な脱税にも無視を決め込んでる。
遊興費のタニマチだからだ。

191 :無責任な名無しさん:03/11/28 04:17 ID:yJfbxWjK
古い世代みたいに「お上の命令には従う」なんて気持ちは薄れてる。


今までこれを持ってたこと事態異常だね。





192 :三井:03/11/28 11:25 ID:TgzAYlP2
<血液型A型の一般的な欠陥>(「自分だけいい子」は直そう!)
●とにかく臆病・神経質で気が小さいだけ(真に他人を思いやる気持ちには欠けている、二言目には「世間」(「世間」と言っても、一部のA型を中心とした一部の人間の動向に過ぎない))。
●異常に他人に干渉して自分たちの古いシキタリを押し付け、そこから少しでも外れる奴に対しては好戦的でファイト満々な態度をとり、かなりキモイ(偏狭、自己中心、硬直的でデリカシーがない)。
●妙に気位が高く、自分が馬鹿にされるとカッと怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、内面的・実質的には負けていることが多い)。
●基本的に悲観主義でマイナス思考なため性格が鬱陶しい(根暗・陰気)。
●とにかく否定的でうざく、粗探しだけは名人級(例え10の長所があっても褒めることをせず、たった1つの欠点を見つけては貶す)。
●社会的強者には平身低頭だが、社会的弱者に対しては八つ当たり等していじめる(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる(人が見ていないときは、より一層))。
●少数派の異質・異文化を理解しようとせず、あるいは理解を示さず、排斥する(多数派=正しい と信じて疑わない、了見が狭い差別主義者)。
●何でも「右へ習え」で、単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)。そのくせ、集団によるいじめのリーダーとなり皆を先導する(陰湿かつ陰険で狡猾)。
●他人の悪口・陰口を非常に好むと同時に、自分は他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(自分がウソツキ(例:本音と建前の激しい使い分け)だから他人のことも容易に信用できない、ポーズだけで中身を伴っていない)。
●友人関係は、表面的な浅い付き合いでしかなく、心の友はおらず孤独(他人の痛みがわからず、包容力がなく、冷酷だから)。
●頭が硬く融通が利かないため、すぐにストレスを溜め、また短気で、すぐに爆発させる(不合理な馬鹿)。
●後で自分の誤りに気づいた場合でも、素直に謝れず強引に筋を通そうとし、こじつけの言い訳ばかりする(社会悪の根源、もう腹を切るしかないだろう!)。
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考え(例:「あいつより俺のほうが男前やのに、なんでやねん!(あいつの足を引っ張ってやる!!)」)。



193 :三井:03/11/28 11:27 ID:TgzAYlP2
こんな偽善者どもを許せるか!?(正義面した鬼畜!?)

<三井環氏独占激白>(11分27秒の動画ファイルです)

http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2003_07_02/content.html

「検察は自分達のウラ金作りという犯罪を隠すために、ウソの答弁をしたり指定暴

力団や政治家の力を借りたりしているのです。いずれ、それが限界に達するときが

来るでしょう。検察当局が過去のウラ金作りを認め、国民にきちんと謝罪すれば、

最終的には評価が高まったと思います。それを首脳陣は判断ミスで徹底的に隠した。

真実を追及しなければならない検察としては一番やってはいけないことをしてしま

ったのです」元大阪高等検察庁公安部長の三井環氏はため息混じりで話し出した。

検事歴30年という検察幹部が現職のまま逮捕され、325日間も勾留されていたのだ。

それも検察の組織ぐるみの「ウラ金作り」を実名で告発する動きを見せたゆえの

“口封じ”だった。ようやく保釈されて3ヵ月、「思いもよらない“まさかの逮捕”

」に疲れは隠せないが、「検察の非道」とは闘い抜く覚悟も十分だった。

三井氏の口から飛び出す驚くべき証言の数々はぜひ動画でご確認いただきたい。


194 :無責任な名無しさん:03/12/03 12:17 ID:XrhrER83
住友銀行の脱税捜査しない。

谷町ダから。

195 :バッタ検察:03/12/06 16:18 ID:9s3MF5Gk
こんな偽善者どもを許せるか!?(A型代表選手?鬼畜にも劣る?)

<三井環氏独占激白>(11分27秒の動画ファイルです)

http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2003_07_02/content.html

「検察は自分達のウラ金作りという犯罪を隠すために、ウソの答弁をしたり指定暴
力団や政治家の力を借りたりしているのです。いずれ、それが限界に達するときが
来るでしょう。検察当局が過去のウラ金作りを認め、国民にきちんと謝罪すれば、
最終的には評価が高まったと思います。それを首脳陣は判断ミスで徹底的に隠した。
真実を追及しなければならない検察としては一番やってはいけないことをしてしま
ったのです」元大阪高等検察庁公安部長の三井環氏はため息混じりで話し出した。

検事歴30年という検察幹部が現職のまま逮捕され、325日間も勾留されていたのだ。
それも検察の組織ぐるみの「ウラ金作り」を実名で告発する動きを見せたゆえの
“口封じ”だった。ようやく保釈されて3ヵ月、「思いもよらない“まさかの逮捕”
」に疲れは隠せないが、「検察の非道」とは闘い抜く覚悟も十分だった。

三井氏の口から飛び出す驚くべき証言の数々はぜひ動画でご確認いただきたい。


196 :無責任な名無しさん:03/12/09 10:10 ID:5lgNKkbd
いずれ時が来る。
頑張れ!

197 :無責任な名無しさん:03/12/15 19:39 ID:BPYAYAGW
韓国の検察は今かっこいい。
政権交代もあるし、民主化へ前進だ。

198 :無責任な名無しさん:03/12/15 20:06 ID:xZT5Ty2S
政権交代が無いのは国民の意志だが

199 :無責任な名無しさん:03/12/17 18:28 ID:ksp7o3vE
韓国で特別検察官が任命されたぞ!

200 :無責任な名無しさん:03/12/17 18:29 ID:ksp7o3vE
6人の検察官補の下に10人ほどのスタッフが付くという。

201 :無責任な名無しさん:03/12/18 20:39 ID:uvyOnfOz
日本よりも韓国は民主国家かな?


202 :無責任な名無しさん:03/12/18 20:53 ID:XfFvU3/y
韓国は色んな爆弾かかえてる国だから
本質的に民主国家になるのはまだまだ先ちゃう
そもそも言論の自由さえ確保されてない国だし

203 :無責任な名無しさん:03/12/23 14:24 ID:841ZtXS9
日本の有権者も葉小物から サヨナラしよう
マジで国゛潰れる

204 :無責任な名無しさん:03/12/24 19:25 ID:65kJecwh
日本はよくならない。
前に進めないでこうなってしまった。

205 :無責任な名無しさん:03/12/26 14:00 ID:6fMMwU1Y
生きていく
ハア

206 :無責任な名無しさん:03/12/28 08:55 ID:XQW1jzF3
そりゃ投票しないんだもん変わる訳が無い
つーか投票してないのに変わったらそれは民主主義としてどっかに欠陥抱えてるって事だし

207 :無責任な名無しさん:03/12/29 07:34 ID:wLHhrRxo
日本はオシマイっぽいな(T_T)

208 :無責任な名無しさん:03/12/31 15:53 ID:VBxhmfWq
自殺か?
国外脱出か?

その瀬戸際になっても変わらないかね!?

この国は(・_・)

209 :無責任な名無しさん:04/01/01 19:27 ID:3RRMGAB/
靖国参拝って、国益の視点で得策かね?


210 :無責任な名無しさん:04/01/02 11:07 ID:gIuML8zw
今までみたいに中途半端な日付に行くよりはいいね

211 :無責任な名無しさん:04/01/02 13:16 ID:x9Xrb0HZ
まあ、中国や韓国の連中は、俺も大嫌いだが。

212 :無責任な名無しさん:04/01/02 17:54 ID:EWxQlVyx
1=何も知らない馬鹿

213 :無責任な名無しさん:04/01/02 19:21 ID:4ie6tapN
>>212
具体的な批判じゃないと恥ずかしいだけだよ。

214 :無責任な名無しさん:04/01/04 18:32 ID:DTLVE/WV
どういう点で馬鹿よ?

検察のが警察よりマシとか?

215 :無責任な名無しさん:04/01/04 23:44 ID:6Pc/tHAN
1課犯罪については検察は警察にほとんど歯が立たないらしい。
2課犯罪は検察捜査の出番があるみたいなことを聞いたけど。

216 :無責任な名無しさん:04/01/05 07:17 ID:/px2gGGF
マシとか云々じゃなく、要は捜査と公判を分離して、FBIみたいな捜査機関をつくれってことでしょ。

217 :無責任な名無しさん:04/01/10 20:58 ID:RWVPzERF
向こうは、連邦警察でさえ、他にもあるしね。
まして、市警察以外に、州警察や郡警察もある。

218 :無責任な名無しさん:04/01/10 20:59 ID:RWVPzERF
今は、証拠保全はFBI の職責らしい。
ありふれた銀行強盗でも。

219 :無責任な名無しさん:04/01/13 09:53 ID:/tT1gBqa
MONBUSYOU KUTABARE

220 :無責任な名無しさん:04/01/15 11:29 ID:ikg37Vat
民主党の枝野幸男政調会長は14日午後の記者会見で、陸海空3自衛隊の
 幕僚長の記者会見廃止問題に関し「報道、表現の自由が守られない社会
 では選挙、民主主義以外の方法でその政権を倒していいというのが歴史。
 小泉政権はそういう段階に入りつつある」と激しい口調で批判した。
 「現時点ではわれわれの発言が封じられているわけではないので民主主義の
 プロセスで訴えていく」と付け加えたが、弁護士出身だけに報道、表現の自由への
 熱い思いが発言をヒートアップさせたようだ。
 記者会見廃止については「民主主義の前提となる客観的事実を国民に伝える
 ことに歯止めをかけることだ」と指摘。「報道関係の皆さんも報道管制、規制に
 つながるようなこととは徹底して戦うことが責務だ」と報道機関にも「共闘」を
 呼び掛けた。

これって検察に期待してるんわけないですよね?。
まあ最終的に検察の不正に対処できるのはアメリカ軍ですかね。

221 :無責任な名無しさん:04/01/15 19:52 ID:21WfifEi
FBIて独立性あるの?
日本の検察は、独立性よわいよね。

222 :無責任な名無しさん:04/01/18 16:42 ID:Fyw8qepm
万年与党なのも検察がおかしくなった原因の一つ

223 :無責任な名無しさん:04/01/19 09:45 ID:J7iUnLkP
FBIは、テロ対策として無制限に盗聴できるようになった。

224 :無責任な名無しさん:04/01/21 12:45 ID:Q7pizU48
利権の巣くつ

225 :無責任な名無しさん:04/01/23 18:00 ID:sBzHeOvt
三井氏頑張れ!

226 :無責任な名無しさん:04/01/24 22:39 ID:whO4aDhl
日本の検察には期待できんな

227 :無責任な名無しさん:04/01/30 13:17 ID:rnT1pXw8
銀行の稟議書を法廷への提出命令出せない 判例は先進国では通用しないそうだ

228 :無責任な名無しさん:04/01/30 22:06 ID:G9d6E4u1
       「う〜〜っ」
  ∧_∧    ∧ ∧    ∧_∧
 ( ・3・ )   (・3・)    ( ・3・ )
 ( つ⊂ )   (つ⊂)   ( つ⊂ )
  ヽ ( ノ   ( ( )    ヽ ( ノ
 (_)し'     U U'    (_)し'


        「チョーカイっ♪」
  ∧_∧    ∧ ∧    ∧_∧
 ∩ ・3・)∩∩ ・3・)∩ ∩ ・3・)∩
  〉    _ノ ヽ    _ノ  〉    _ノ
 ノ ノ  ノ   て ,) )   ノ ノ  ノ
 し´(_)    U´ ヽ⊃  し´(_)


229 :あほくさ:04/02/01 03:06 ID:1xYU7Zwx
a

230 :無責任な名無しさん:04/02/01 08:44 ID:Mjo56JUE
.__,冖__ ,、  __冖__   / //
`,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /  ,. ‐ ''    ̄ ̄" ‐
ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / ゙               ヽ
.__,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ                ,-―'`ヽ
`,-. -、'ヽ'   く <´   7_//           ,ヘ--‐ヽ‐゙へ   ヽ、
ヽ_'_ノ)_ノ    \>     / ,\__,,. ―i ̄   ', '., \  .\  ヾ,
  n     「 |      /  i7´  l´   i     i i  ヽ  ヽ  .',゙.,
  ll     || .,ヘ   /   i/   .i    i      i i   i   ヽ  , ,
  ll     ヽ二ノ__  {   i .l l |  l l l     l  l   l  ヽ ', i .i
  l|         _| ゙っ  ̄フ .i i i  i  i .l     l  .l  .l i  i l  i i
  |l        (,・_,゙>  / .i i  i i  i i i l_   、l|  i  | i  i | |  .l l
  ll     __,冖__ ,、  >  | i_,,,.L.|+‐||ii.l''「,l.,   ./iト-| ,,|,」|_l .i .| | l .l l
  l|     `,-. -、'ヽ'  \ .| | | i,| i,.|.ii ', ゙,ヽ  /ii.| / | /レii.l .i l .l .| .| |
  |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー .l |ヽl il__ii_i_ i  ヾ,/ ノ レ__|/  ii l l /レ  | | |
  ll     __,冖__ ,、 | |   | .l Or" ̄~~`      '" ̄`Ol /l/   .| | l
  ll     `,-. -、'ヽ' i  l   ト ゙ ,         、     .lノ /|   |, |, ',
  |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {l  l   .lヾ、     ,―-┐     l |/ |   | ', l ヾ、
.n. n. n        l  l l   lヽヽ.    l   l     イ  /|   | l、l
..|!  |!  |!         l  i i   .l. `' ,  ヽ___ノ ,. ‐ " / | / |   lli .| ヾ
..o  o  o      ,へ l .|、 lヽ  .l,   ` ‐ ._ ' ヽ|/ | /-| /_ .|   / ii
          /  ヽヽl ヽ ヽ  l ` ‐ ,_|_,./   |.レ  レ  ゙|  /



231 :無責任な名無しさん:04/02/01 08:53 ID:Mjo56JUE
>>227
カナダのジャーナリストが書いてたな。

>>229
あほくさって、アンタ特権階級か何かか?

232 :無責任な名無しさん:04/02/03 14:10 ID:q1m9y8N3
チョーカイは下らなすぎ

233 :無責任な名無しさん:04/02/03 14:57 ID:3BpjVZm+
<三井環氏独占激白>(11分27秒の動画ファイルです)

http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2003_07_02/content.html

「検察は自分達のウラ金作りという犯罪を隠すために、ウソの答弁をしたり指定暴

力団や政治家の力を借りたりしているのです。いずれ、それが限界に達するときが

来るでしょう。検察当局が過去のウラ金作りを認め、国民にきちんと謝罪すれば、

最終的には評価が高まったと思います。それを首脳陣は判断ミスで徹底的に隠した。

真実を追及しなければならない検察としては一番やってはいけないことをしてしま

ったのです」元大阪高等検察庁公安部長の三井環氏はため息混じりで話し出した。

検事歴30年という検察幹部が現職のまま逮捕され、325日間も勾留されていたのだ。

それも検察の組織ぐるみの「ウラ金作り」を実名で告発する動きを見せたゆえの

“口封じ”だった。ようやく保釈されて3ヵ月、「思いもよらない“まさかの逮捕”

」に疲れは隠せないが、「検察の非道」とは闘い抜く覚悟も十分だった。

三井氏の口から飛び出す驚くべき証言の数々はぜひ動画でご確認いただきたい。


234 :無責任な名無しさん:04/02/13 14:45 ID:BFJc/BmP
警察ってのはとにかく事件を解決するのが第一だから、証拠調べ、証拠採取などでも
見込みにあわせて犯罪成立をさせるための証拠調べを行う。
(犯罪成立させる立場というのは犯罪事実があった場合容疑者に対して警察の見込み
にあったようなかたちでの証拠を出そうとするということ)

つまり立場上被疑者に対して客観的立場ではない。
ここで冤罪などがうまれる可能性もある。
検察が一応法律に照らし合せた立場でそれを再度検証するのは意味のあることだと思う。

235 :無責任な名無しさん:04/02/14 20:24 ID:0+d09kvw
裁判員制度などの司法改革は、死刑うんぬんの問題ではないのです。
日本の司法公務員などが「ホウソウ癒着」で、公正な裁判がもはや、
不可能になっているからなのです。たとえば公務員や法曹関係者の
経済犯罪に対する防御や彼らの職権乱用などの暴力に対する緊急避難
行為や正当防衛の権利は有名無実の空文化されてしまった。
だから、被害者である国民が、加害者である司法公民によって犯罪者に
仕立て上げれられることすら頻繁におき始まっているのですよ。そこま
ででなくても、以下のような「出鱈目司法、癒着ホウソウ界」が腐臭を盛ん
に放っているのは明らかなのです。
(仙台の検察庁の)「不正流用」といえば、なにか犯罪でないように聞こえるが、実態は「詐欺(刑
法246条違反)」か「業務上横領(刑法253条)」のいずれかなのである。
「不正流用は1993年ごろまではあった。」と裁判所は事実認定した。何故、1993年まで認め
たかといえば、詐欺罪や、業務上横領罪の時効が10年だからである。また、裁判所は1993年の
犯罪の事実の認定をした上で、「1998年の分が濃厚」としたのである。そうなら最終犯罪はまだ
時効でない。そうなら当然に関係者は逮捕、収監されるべきである。証拠隠滅の恐れ濃厚だからで
ある。関係者は「証拠隠滅の恐れ」があるのだから、これまでの司法の慣例に従って「逮捕、収監」
されるべきである。検察官、裁判官らも「組織的証拠隠滅、組織的犯人隠避」の容疑で逮捕される
べきである。
国民が容疑者なら、「証拠隠滅の恐れ」がなくても、「証拠隠滅の恐れがあるから。」という、強引
なこじつけ理由で逮捕、収監されるのである。何故、弁護士会、司法記者会はそれを指摘できない
のか。「ホウソウ癒着」とはこういうことなのである。日本の「ホウソウ界」は腐臭に満ちている。
又最終犯罪が継続していれば、時効は成立しない。少なくとも、犯人隠避や証拠隠滅の組織的犯罪
は継続中である。関係者は逮捕されるべきである。このままでは、法曹界のみ時効の解釈を悪用し
て、「経済犯罪、不当利得をしたい放題」の「ホウソウ天国国家」になるだけで


236 :無責任な名無しさん:04/02/14 20:35 ID:iPAKFWCp

ちなみに,都市の検察は,取調べ専門の検事と
公判専門の検事が分離されてる。

公判検事は,公判しかしないんだけど・・・



237 :無責任な名無しさん:04/05/05 17:13 ID:Hh4A15w4
    ま        た            大      阪阪阪 阪阪阪阪   か    か       韓
ままままままま   た            大       阪 阪  阪      か     .か      韓
    ま      たたたた     大大大大大大大 阪 阪.  .阪阪阪阪 かかかかか か     韓
ままままままま  . た            大     .阪 .阪  阪   阪   か    か か    韓
    ま       .た たたたた     . 大大     阪 阪 .阪   阪  .か    か か   韓
    ま       た     た      大 大    阪  阪. 阪阪 .阪   か     .か     韓
 まままま     た           大    大    阪 阪 阪 .阪 阪   阪.     か
ま   ま  ま    た た       大     . 大  .阪   .阪  阪   か     か    韓
 まま    ま  た  たたたた た       . 大 .阪    阪 阪 阪  阪    かか    韓


238 :無責任な名無しさん:04/05/13 01:54 ID:yPnWGHl6
陪審制ではないけれども、司法制度改革で市民参加の参審制は行われるんでしょ?

77 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)