2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ネタばれまくり◆◇LEC◆ファイナル答練◇◆◇

1 :氏名黙秘:04/05/29 22:14 ID:nr1E4nle
さあネタばらせ


2 :氏名黙秘:04/05/29 22:18 ID:4S/I8IBD
重複。
糞スレたてんな。
終了。

3 :氏名黙秘:04/05/29 22:22 ID:???
珪素2回目2問後段なんだけど、
窃盗で無罪なら盗品等有償〜とは公訴事実は同一じゃないの?
出題意図に沿った解答を目指すのなら、窃盗教唆で無罪とすべきだと思うんだけど。

4 :氏名黙秘:04/05/29 22:32 ID:???
判例は同一性否定してるような。


5 :氏名黙秘:04/05/30 10:09 ID:???
>>3
おまえ後段だけしか見て無いんじゃないか?
前段との整合性が問題なのですよ

6 :氏名黙秘:04/05/30 14:19 ID:???
>>5
だから整合性を問題にしたいんだったら、窃盗教唆で無罪とすべきだろう。
なぜ前段で窃盗と窃盗教唆と分けて明示しておきながら、あえて後段で窃盗とするのか。

7 :氏名黙秘:04/05/30 15:38 ID:???
>>6
それは前段で訴因変更肯定説に立つことを前提にした場合だけでは?

8 :氏名黙秘:04/05/30 17:04 ID:vlH9OhnY
本罪での被疑者勾留中の接見指定に際し、余罪を考慮できるか?

って論点になりますか?

9 :氏名黙秘:04/05/30 17:20 ID:???
ならないんじゃない?
それは、余罪に身柄拘束があれば条文上可能だし、なければ条文上不可だし。



10 :氏名黙秘:04/05/30 17:52 ID:???
>>7
前段で訴因変更を否定するのはあくまで窃盗教唆から盗品罪でしょ?
窃盗教唆から窃盗は変更可能なのだから、後段で「窃盗」としてるのなら
窃盗教唆→窃盗の訴因変更が行われたことを前提とするのだと思った。

11 :氏名黙秘:04/05/30 17:54 ID:???
でも、俺の考え方はどうやら少数派らしいので多数派の思考に変更するよう努力しよう。

12 :氏名黙秘:04/05/30 18:51 ID:???
>>11
それはある意味正解かも。

13 :氏名黙秘:04/05/30 22:26 ID:???
刑訴1回目2問目小問2前段(告訴なしで窃盗で起訴したが、親族
相盗例と判明したという事案)について、解答は告訴の追完の
問題としているが、ちょっと違わない?
告訴の追完の典型的ケースというのは、告訴もないのに、検事が
アホで、強姦罪で起訴しちゃったというケースでしょう。
だけど、この問題の場合は、起訴時は親族関係があると検事が
知らなかったんだから、起訴時は告訴なしもやむを得ないでしょう。
むしろ、強姦致傷で起訴したが、裁判所は強姦の心証を得たと
いう典型的ケースの方に近いんじゃないでしょうか。
この辺に問題意識を持った人っていますか?

14 :氏名黙秘:04/05/30 22:28 ID:???
刑訴1回目2問目小問2前段(告訴なしで窃盗で起訴したが、親族
相盗例と判明したという事案)について、解答は告訴の追完の
問題としているが、ちょっと違わない?
告訴の追完の典型的ケースというのは、告訴もないのに、検事が
アホで、強姦罪で起訴しちゃったというケースでしょう。
だけど、この問題の場合は、起訴時は親族関係があると検事が
知らなかったんだから、起訴時は告訴なしもやむを得ないでしょう。
むしろ、強姦致傷で起訴したが、裁判所は強姦の心証を得たと
いう典型的ケースの方に近いんじゃないでしょうか。
この辺に問題意識を持った人っていますか?

15 :氏名黙秘:04/05/30 22:38 ID:???
重複スマソ

16 :氏名黙秘:04/05/30 22:51 ID:???
そのとおりだと思います。

17 :氏名黙秘:04/05/30 23:04 ID:???
>>9
いや、今まで思わなかったけど・・・
事件単位原則との関係とか、なんで全く問題にならないんだろうと、ふと考えた。

18 :氏名黙秘:04/05/31 12:01 ID:???
>>14
俺もそうおもう。
どうもレックは問題の洗練度が低いというか、その答えを期待するのなら
もう少し問題文を的確に書けよと思う問題が多い気がする。
まぁ、直前とうれんにそんなに期待してないのでどうでもいいけど。

19 :氏名黙秘:04/05/31 12:41 ID:???
これは典型例だから、解答例が変でもまあ困らないんだけど、
自分が弱いところだと混乱したりしかねないからな。

20 :氏名黙秘:04/05/31 19:44 ID:???
>>8-9を読んでいたにもかかわらず、それを問題として取り上げてしまって鬱。

21 :氏名黙秘:04/05/31 20:29 ID:???
質問です。
縮小認定できるかという問題と訴因変更の要否って別々の話ですか?
訴因変更の要否って事実の変化があったときに問題になりますよね。
それで重過失致傷が訴因の訴えを過失致傷と認定するような法的判断を変更することは
訴因の要否で問題になる「事実の変化」とは考えないんですか?
教えてください

22 :氏名黙秘:04/05/31 20:36 ID:???
> 縮小認定できるかという問題と訴因変更の要否って別々の話ですか?

縮小認定できるなら、訴因変更は不要です。

> 重過失致傷が訴因の訴えを過失致傷と認定するような法的判断を変更すること

事実は変化してないわけだから、これは縮小認定ではないの?


23 :21:04/05/31 20:44 ID:???
返答ありがとうございます。
22さんの考え方って、縮小認定と訴因変更とは別次元の問題って考えてるって事ですよね。
つまり縮小認定は訴因変更の要否が問題となる一場面ではないと考えるってことでいいんですか?


24 :氏名黙秘:04/05/31 20:53 ID:???
>21
訴因変更は、重要な事実の変化があった場合に必要。
とすると、構成要件が異なれば通常事実の変化があるから、訴因変更が必要であるのが原則。
ただ、大は小を兼ねる場合であれば、不意打ちにならないから、訴因変更は不要。
という流れだと思われ。
縮小認定も訴因変更の要否との関係で問題となるのではないか、と尋ねたいんでしょ?
なります。

25 :21:04/05/31 21:03 ID:???
>>24
まさに聞きたいのはその事です。ありがとうございます。


26 :14:04/05/31 21:06 ID:???
>>18、19
レスありがとう。
自分の考えが別におかしくないと確認できて良かったです。

27 :氏名黙秘:04/05/31 21:54 ID:???
>>13
全くもってその通りです。
私はわざわざこれは告訴の追完の問題のようにみえるが
実は違うみたいな事まで書いてしまいました。
採点が楽しみです。とはいっても「レジュメでよく復習
しておいてください」と書かれるのがみえみえですが・・。
それと第2回2問目後段ですが、問題文では判決確定の文言が
書かれていませんが皆さんは「えっ?」とは思いませんでしたか。
私は一事不再理効の問題だとは思いましたが数分間
悩んでしまいました。こんなところで悩ませないで
ほしいです。解説では当然のように判決が確定した事が
前提となっていますね。何なんだろう・・。

28 :氏名黙秘:04/05/31 22:00 ID:???
つーか書く量大杉じゃない?

29 :氏名黙秘:04/05/31 22:22 ID:???
>>27
> 私はわざわざこれは告訴の追完の問題のようにみえるが
> 実は違うみたいな事まで書いてしまいました。
告訴の追完が問題になってるのは確かじゃない?
ただ、追完が認めやすい問題だってことでしょ?
問題見てないんで、ずれてたらスマソ

30 :氏名黙秘:04/05/31 22:43 ID:???
>>28
同意。民祖はけっこう考えさせる問題でよかったけど、
珪素は論点網羅的で体力勝負な感じ。

31 :氏名黙秘:04/05/31 22:49 ID:???
CDの問題で、覚せい剤を抜き取るのは令状なきゃだめだよと思って違法としてしまった俺は包茎。

32 :氏名黙秘:04/05/31 23:27 ID:+7H3os0q
確かに確定したと書いてなくて、ん?二重起訴?そんなろんてんあるか?って考えたよ。たぶん一事ふさいりこーのことなんだろうて思ったけど本試験ならかなり悩むよね


33 :氏名黙秘:04/05/31 23:37 ID:+7H3os0q
>21 縮小認定の理論はあくまでも訴因変更の要否の問題の一部。
訴因変更の要否を裁判所の事実認定を制限するものと考えるといい。
事実が変更した場合は訴因変更なくして裁判所はその事実については認定できないのが原則。もっとも大小関係がある場合は例外的に訴因変更なしに当該事実につき事実認定できないか?縮小認定が問題となる。ってこと。

34 :21:04/06/01 00:18 ID:???
>33
返答ありがとうございます。
私も大体同じ風に考えてたんで刑訴一問目で縮小認定できるか、てした後に、抽象的防御説の話を書いて当てはめしてできるとしたんです。
でも解答とか資料とみて疑問が…。縮小認定が認められるかの基準って@被告人への不意打ち防止だけでなくA検察官の訴追意思も考慮に入れますよね。
これに大して犯罪日が一日違うって認定できるかみたいな訴因変更の要否の場合Aの基準て書きませんよね。
この違いってどこから生まれるんでしょうか?
縮小認定は法的判断も変える側面があるからAも必要となるのか?それとも訴因変更の要否考える時は本当はAもいつも必要だけど縮小認定以外のときはあるのが当たり前だから省かれてるのか?
私は今のところ前者ではないかと考えてるんですがどうなんでしょ?
まぁ、とりあえずは機械的に解き方暗記しちゃおうかと思いますが・・。


35 :氏名黙秘:04/06/01 01:06 ID:???
>>34
犯罪日が1日違う場合も、理論的にはAも問題とすると思う。
でも、普通に考えて検察官が特定の犯罪日に殊更にこだわってるとは考えられないよね。
だから論点にならないので、予備校の解答ではあえて検討してないのでは。
要件をあげてきっちり当てはめをするのなら、Aにもふれて軽く当てはめるべき。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)