2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【出る杭は・・】個性的だと叩かれるのが辛い

1 :実習生さん:04/05/01 14:44 ID:R3xF3v8+
よく、個性的だと叩かれやすいっていいます。
私は個性的な人の典型的なタイプです。
何もしていないのに、攻撃を受ける。
そんなに個性的なものはいけないのか・・・。


2 :実習生さん:04/05/01 15:04 ID:oKf9ps32
2ゲツ!

3 :実習生さん:04/05/01 15:11 ID:oKf9ps32
おお!初2ゲツしてしまった。ってのは、いいとして「私は個性的です」
と自己紹介する奴って、大抵ただの変な奴って場合が多くない?
周りの人ははっきり「てめー変なんだよ、キモいんだよ」と言うと
傷ついちゃうかな?と思って「個性的だね」と声をかけ、それを本人
が真に受ける。>>1ってそういうタイプじゃないの?
本当に個性的な奴って、自分が個性的だなんて自覚してないじゃん。
>>1の見解ではどうよ?

4 :妄想性人格障害:04/05/02 03:33 ID:JOBuXpZr
個性とは人格障害のことです

5 :実習生さん:04/05/02 15:33 ID:M8wBjW3o
 ヲタがコンパに迷い込んだ時、よくそうやって自己紹介するよな。

6 :実習生さん:04/05/02 20:24 ID:flee9dby
漏れは自他共に認める超個性的な香具師らしい。
やっぱり、辛いね。

誰だろう、これからは個性の時代っていいだしたのは。
全然そんな時代は来ないし・・・・。

個性的だと、いちゃいけないのか・・・。

普通の香具師で群れないとだめなものは
個性的なのを怖がったり嫌うからな。
だから敵対するんだろうな。
こっちは何もしてないのに。


7 :実習生さん:04/05/02 22:45 ID:p1Iv6fmm
「個性的」ってのは、どうにも褒めようがないときに使うんだろ?

8 :実習生さん:04/05/03 14:49 ID:+E5OPkMT
>>7
違うと思う・・・。

9 :実習生さん:04/05/03 21:16 ID:vQPuIa1P
「人は○○だが、俺は絶対××だ!」というやつが「個性的」
「ボク△△なんだけど気が付いたら人はみんな□□だった」という輩も
「個性的」に入れてしまうから>>1 のような勘違いが出てくるのよね。

10 :さおりん ◆y.XhExhfy2 :04/05/03 22:07 ID:psX+8uyz
出る杭は打たれるなんて文化がなくならない限り、
二度と日本の景気浮揚はないでしょうね。

11 :実習生さん:04/05/04 00:15 ID:sPKcD1rx
>>10
出る杭は邪魔なのだから打たれるのは当然だろう。
本当の個性ってのは、人の邪魔になるような杭のことではない。

12 :実習生さん:04/05/04 00:15 ID:JiHEniHc
打たれる覚悟もないのに出てきて、打った方が悪いと喚く。迷惑なだけ。

13 :さおりん ◆y.XhExhfy2 :04/05/04 00:25 ID:vpFdrMXA
>>11
では何故、欧米諸国にはそのような風潮がないのですか?

【出る杭は打たれるという風習を持つ国の例】
日本、韓国、北朝鮮、イラク

>>12
確かにそれは同意。

14 :実習生さん:04/05/04 00:30 ID:sPKcD1rx
イラク戦争を見る限りではアメリカも出る杭は徹底的に叩く国だと思うが。


15 :さおりん ◆y.XhExhfy2 :04/05/04 01:34 ID:vpFdrMXA
一個人と国家を比較してどうする・・・。

16 :実習生さん:04/05/04 01:48 ID:Znk9ws8p
>>1 自分で自分を「個性的」と呼ぶ・・?ただの変わり者だろ

17 :実習生さん:04/05/04 02:56 ID:7HVXugJg
>>12
出る覚悟なんかないからこそ、打たれた時に抗議するのでしょう。
もっともらしく稚拙な文章を書かれない方が‥

18 :実習生さん:04/05/04 04:19 ID:bBbzmHH0
>>1
個性の質によるだろ。良い個性なら周囲から認められるし、
どうしようもない個性ならはじかれて当然だわな。

19 :実習生さん:04/05/04 06:03 ID:MM/adOJu
そもそも「出る杭」の杭を「個性」と解釈することから変じゃん。

20 :実習生さん:04/05/04 06:21 ID:UgDqaN21
>>17
何で「出る覚悟」って書き換えてるの?

21 :実習生さん:04/05/04 06:34 ID:puXhkpf5
>20 脳内変換だろ

22 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

23 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

24 :実習生さん:04/05/04 22:58 ID:IkADXIzz
個性的だけど、自分は何もしてないのに・・・。

自分たちと違う香具師はこわいんだろか・・・。

出る杭は伸びる!でいきたいな・・。


25 :実習生さん:04/05/05 15:47 ID:OaWjwXVo
正しいものはいつも迫害される運命なのか・・・。

26 :実習生さん:04/05/05 16:23 ID:91gn8kb8
小学生のころ、かなり個性的だった。
そのころ担任にずいぶんと叩かれた。なにかと目のカタキ状態。
大人になるにつれ、とにかく目立つのが恐くなった。人の顔色をうかがって発言をするようになった。
これはトラウマだと思う。

27 :実習生さん:04/05/05 18:00 ID:qBFsrRy0
面白ければ認められるって聞いてからとにかくその方面の雑学を
片っ端から吸収して、個性的で面白い人を確立できたよ。
っていうかもともと天然の気はあったからそれを磨いただけなんだけどね。

28 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

29 : ◆vpCpXM4oWw :04/05/08 08:35 ID:4nAu3/6u

/// はじめに 4 //////////////////////////////////////////////////////////

 バブル景気の崩壊−ただこの一事で日本に対する評価は大きく変わった。電子通信
や映像ソフトなどの先端産業では欧米に大きく遅れた。金融市場では、米英ばかりか
香港やシンガポールにも抜かれてしまった。物流はコストが高すぎるし、建設工事は
極めて非効率、初等教育は個性を失わせていじめを生み、大学や大学院は人脈と規制
で新しい発想を生まない。独自技術を目指した研究開発の多くは失敗、大都市開発も
地方振興も停滞している。
 自慢の経済力にも陰りが見える。90年代に入ってからの成長率は先進国中でも最低
に属し、製造業の海外流出が始まった。財政は大赤字で、企業の投資資本利益率は
極端に低い。
///////////////////////////////////////////////////////// 1997年刊 ///




30 :実習生さん:04/05/08 11:51 ID:2oSb51HF
>>25
何言ってるんだよ、正しけりゃ個性的でも叩かれないもんだよ。
個性とキチガイを履き違えるな。叩かれる杭は邪魔な杭でしかない。
個性とは違うんだよ。

31 :実習生さん:04/05/09 21:04 ID:Sknd9wtI
俺はくじけないぞ!
最後に笑うのは我々!


32 :実習生さん:04/05/10 19:56 ID:rkDDc7gK
最後に嗤うのは、オレ、オレ!

33 : ◆vpCpXM4oWw :04/05/10 20:39 ID:4s/DCJEf
日本において、個性を生かすような教育を行うには、健全な競争原理の導入が大事では
なかろうか?規制、横並びでは、全てが同じになってしまう。
健全な市場原理の重要性がもっと認識されるべきである。

/// はじめに 1 //////////////////////////////////////////// 講談社発行 //
堺屋太一著 "「次」はこうなる" 1997年 講談社刊 より

はじめに
    「遅進国」になった日本

 10年前の1980年代末−日本は世界の最先端を往く経済大国であった。
 生産力は極めて大きく、一人当たり国民総生産は、人口一千万以上の国では最高だった。製造業の
国際競争力は素晴らしく強く、急激な円高にもかかわらず輸出は減らず、企業利益は史上最高、倒産
件数近年最低の好景気を満喫していた。
 失業率は極めて低く、犯罪は少なく、街は清潔で、公共機関は正確に動いていた。福祉の水準も高
いし、公害の防止にも成功していた。この国こそは、近代工業社会の成功例、いわば「現代の天国」
と主張することができた。
 それというのも、この国には、一方に優秀にして清潔な官僚の指導があり、他方には有能にして積
極的な経営者と忠誠心に富んだ従業員を持つ強力企業群があったからだ。しかもこの両者の間には、
官民協調体制が確立しており、終身雇用と企業系列は厳格に守られていた。日本の官僚たちは世界に
向かって「日本式の産業政策を見習え」と説教を垂れ、日本の経営者たちは「忠誠心と仲間意識で結
ばれた日本式経営は無敵不敗」と胸を張っていた。
 ところが、それから10年たった1997年には、日本は世界の先進国の中では、むしろ遅れた国になっ
てしまった。90年代に入ってバブル景気が崩壊、土地と株式が大暴落して金融機関や建設会社など多
くの企業が巨額の不良債権を抱え込んだ。この間に日本に起こった「急な変化」といえば、ただそれ
だけである。世界的に見れば、ソ連邦が瓦解して東西冷戦構造が消滅したのは、はるかに大きな事件
だが、日本にとっては「めでたい」ことで、これが日本が諸外国に遅れた直接の理由にはならない。

/////////////////////////////////////////////////////// 堺屋 太一 著 ///


34 : ◆vpCpXM4oWw :04/05/10 20:41 ID:4s/DCJEf
教育においても規制緩和が必要ではないだろうか?

/// はじめに 2 //////////////////////////////////////////// 講談社発行 //

 バブル景気の崩壊−ただこの一事で日本に対する評価は大きく変わった。電子通信や映像ソフトな
どの先端産業では欧米に大きく遅れた。金融市場では、米英ばかりか香港やシンガポールにも抜かれ
てしまった。物流はコストが高すぎるし、建設工事は極めて非効率、初等教育は個性を失わせていじ
めを生み、大学や大学院は人脈と規制で新しい発想を生まない。独自技術を目指した研究開発の多く
は失敗、大都市開発も地方振興も停滞している。
 自慢の経済力にも陰りが見える。90年代に入ってからの成長率は先進国中でも最低に属し、製造業
の海外流出が始まった。財政は大赤字で、企業の投資資本利益率は極端に低い。
 その上、95年の阪神大震災を契機に、日本の安全神話も否定された。地震ではどこの国よりも多く
の建造物が壊れたし、原子力施設では事故が続発した。医薬品からはエイズが拡まったし、学校給食
では食中毒が続発している。
 それもこれも偶然ではない。官僚たちは頑固に規制を続け、改革への意欲も時代への理解力も持ち
合わせていない。
 企業経営者の多くは、官僚主導の談合体質に慣れ、事なかれ主義に堕している。金融機関は土地か
株を担保にする以外には審査能力がない。このため、ベンチャー企業の育成ができない。学者や芸術
家までが人脈に閉じ篭り、異能の人を受け入れる度量がない。
 要するに日本の全てが立ち遅れている、というわけである。
 たった10年足らずの間に、最先端の経済大国から世界の流れに遅れた国になったとすれば、日本は
恐ろしく進歩の遅い国、いわば「遅進国」だということになるだろう。
 逆に、日本以外の諸国、とりわけ大胆な自由化を行った米英と経済成長著しいアジア諸国の進歩は
速かった、ということでもある。
 オリンピックの水泳や体操で、かつては数多くのメダルを獲得した日本が、今は予選落ちの常連と
なってしまった。日本選手の記録が落ちたのではなく、世界の水準が猛烈に上がったからだ。同じこ
とが、この10年間に、経済と技術の分野で起こったのである。
////////////////////////////////////////////////////// 「次」はこうなる ///

35 : ◆vpCpXM4oWw :04/05/10 20:46 ID:4s/DCJEf
もっと一般国民の個性による、選択に任せて、政府、文部科学省の規制を解除し、多様な個性
に合わせた多様な教育が供給されるようにすべきだ。

/// はじめに 3 //////////////////////////////////////////// 講談社発行 //

    「総資本主義化」の潮流

 1980年代の先進国・日本を置き去りにして進行した世界の飛躍−それを一言で言えば、「総資本主
義化現象」と呼べるだろう。
 あらゆるものを商品化し、供給者の自由な競争と消費者の厳格な選択によって、徹底的な効率化と
限りない多様化を進める、というシステムである。
 80年代の初めから米英に始まったこのシステムは「消費者大衆の選択こそ正しい」という市場経済
・消費者主権の倫理に立っている。情報があまねく拡がり、多様な生産と迅速な物流が可能になった
現状では、官僚や団体役員に指導規制してもらわなくとも、消費者自身が好みに応じた選択ができる。
そしてそれで選ばれる商品を最適の方法と最低のコストで生産販売する企業こそ正義の実現者、伸び
る権利と利益を上げる正当性がある、という考え方である。
 これに対し、日本は、いまだに明治以来の近代工業社会の発想から抜け出せていない。官僚は国民
を信頼せず、自分たちが指導と規制をしてやらなければ、日本人はきっと間違える、と思い込むエリ
ート意識に浸っている。大企業の経営者は競争を恐れているし、職場の管理職は個性的な部下を毛嫌
いする。医師も教師も農民も、官僚の規制と業界の談合が失われれば、厳しい競争に曝されると怖がっ
ている。
 ジャーナリストでさえもが、再販制度がなくなれば、大変な打撃を被ると信じている。この国には、
自由に活躍できる競争市場が発展の好機を与えてくれると期待する者は少ない。大抵の既成業者は、
競争は自分たちの利権を脅かす厳しいものだと考えているようだ。
 もしそうだとすれば、現在の日本の専門家は、−官僚や企業の経営者から医師やジャーナリストま
で、自分の能力に自信がなく、自らの未来に対して夢の乏しい人々、ということになる。これでは日
本が、進歩の遅い「遅進国」になるのも、不思議ではあるまい。・・・・・

///////////////////////////////////////////////////////// 1997年刊 ///


36 :実習生さん:04/05/10 20:48 ID:qGgHro9J
みろ、出る杭とは>>33-35のような事を指すんだよ。
要するに空気の読めない奴ということだ。


37 :実習生さん:04/05/12 00:05 ID:62qF+PWi
>>37
ワラタ

38 :実習生さん:04/05/14 10:33 ID:QWnK22+j
>>35
みんなで助けあう共産主義の精神こそが今の時代には必要だ。

39 : ◆vpCpXM4oWw :04/05/18 21:09 ID:AiaCnUgK

横並びで個性、特徴がない人々には、魅力がないだろう。

/// 魅力のない国 1 ///////
堺屋太一著 "「次」はこうなる" 1997年 講談社刊 より

第二章 外される国ニッポン
   1 魅力のない国
        観光客も直接投資も日本に来ない

 "日本は近い将来、国際的に孤立化するのではないか"
 "日本はアジアの田舎になってしまうのではないか"
 これは、私が数年前から抱いてきた危倶である。悲しいことに、いまやこれが現実のものとな
りつつある。つまり、日本は世界の中心から外れた国、魅力のないアジアの田舎になりつつある
のだ。
 たとえば、一九九六年、日本から外国へ行った旅行者は一千六百七十万人にも達したが、日本
へ来た旅行者はわずか三百二十万人であった。その双方から、やむを得ない業務客を引くと、大
ざっぱに見て一千万人対百万人、大体十対一だといわれている。日本は観光や遊びに来る魅力の
ない国になっているのである。
 また、日本へ留学してくる外国人の数も、九六年には減少した。特に日本に来る途上国の私費
留学生はきわめて少ない。費用を日本側が持つ国費留学生でさえも、優秀な有資格者を集めるの
に苦労することもある。

/////////// 1997年刊 ///
 




40 : ◆vpCpXM4oWw :04/05/18 21:10 ID:AiaCnUgK

また、そのような人ばかりになると社会や国にも魅力がなくなってしまう。

/// 魅力のない国 2 ///////

 戦前は、とかくの批判があったが、中国などアジア諸国の留学生がたくさん日本へやって来た。
蒋介石も孫文も魯迅も日本に住んだことがある。
 ところが、いま、中国やアジア諸国の未来を夢見る青年たちのほとんどは、アメリカやヨーロ
ッパに興味を示し、日本など視野にもない。
 もちろん、出稼ぎのつもりで来る就学生は相当数いるし、企業が呼んでいる研修生も少なくな
い。これらは、日本の楽しさ、面白さ、あるいは日本文化を期待してやって来る人たちではない。
日本は、働き稼ぐ点ではまだしも有利だが、遊ぶ点でも学ぶ点でも魅力のない国に転落してしまっ
た。
 さらに、功なり名を遂げて資産を蓄えた外国人が、引退後の人生を送ろうとする時、その居住
地に日本を選ぶことは皆無といってよい。引退したスポーツ選手や映画俳優、親譲りの資産家が
暮しの場として選ぶのは、アメリカかフランス、スイスなどに限られている。
 かつては神戸あたりに、アラブの王様のおじさんが住んでいるとか、中国の富豪が別荘を構え
ているという例も結構あったが、いまはほとんどない。まず日本は「ヒト」にとって魅力がない
国なのである。

//////// 「次」はこうなる ///





41 : ◆vpCpXM4oWw :04/05/22 09:21 ID:wuWxIuOe
あーせにゃならん、こーしなければいけないと規制、管理が強いと、特徴、個性が
なくなってしまう。

/// 魅力のない国 3 ////

 第二は、投資である。日銀と大蔵省がまとめた国際収支統計によると一九九五年度に
日本に対して行われた直接投資は約二十億円、それに比べて、日本から外国に対して行
われた直接投資は約二兆一千八百億円。何と千百対一である。もっとも九五年は急激な
円高で、その前後は日本に対する投資ももう少し多いが、それでも十対一を越えること
はない。日本は投資対象としては、まったく魅力のない場所なのだ。
 日本は資本利益率が低い上に、様々な規制があって自由な発想が発揮できず、事業と
しての面白みも、未来の成長性も乏しいと見られているからだ。加えて賃金が高くて雇
用が固定していて、商習慣も難しい。事業に対する官民双方からの制限が多すぎるのも、
嫌われる理由だろう。
 また、東京証券市場における外国企業の株式の上場数が年々減少していることも良く
知られている。最高時には百二十七の銘柄があった東京証券市場の上場外国株式が、い
まや六十四(九七年七月一日現在)になってしまった。
 商品市場でも、日本を舞台に取り引きをする外国商品取引業者は非常に少ない。やは
りニューヨークかロンドンで取り引きされているものが多く、日本は取引所としても魅
力のないところとなっている。

//////// 講談社発行 //




42 :実習生さん:04/05/30 10:32 ID:k77STpWe
おまいら『バカの壁』読んだか?
読めば「個性重視の教育」なんて言葉が欺瞞だと
分かる。個性より大事なモノがあるってことも。

43 :実習生さん:04/05/30 10:45 ID:xk6jN3qR
http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1078677346/

44 : ◆vpCpXM4oWw :04/05/30 21:35 ID:E1qfxDJa
物価が高いなどの負の要因により魅力がなくなると他国の人、事業などが訪れない国に
なってしまう。

/// 魅力のない国 4 ///

        日本のローカル化が進む

 第三の問題としては、航空機や船舶の寄港数の減少があげられる。
 各港湾のコンテナの取扱い量を見ると、日本最大の神戸港が阪神大震災直前の一九九四年
には、シンガポール、香港、高雄、釜山、ロッテルダムに次いで世界六位だった。震災後に
さらに減少、十六位(九六年)になったのは止むを得ない(日本では十位横浜、十一位東京)
としても、それを契機に香港や高雄や釜山で大型船舶からローカル船に積み替えて日本に運
ばれる例が急増している。何しろ、日本国内の高速道路を三百キロ走ると、日本から釜山に
運ぶ三倍も費用がかかるのである。
 航空機に至ってはもっと極端だ。現在、日本の十八の空港からソウル直航便が出ているが、
その半分以上はソウルを経由して欧米へ行く旅客で占められているという。成田空港が国内
線とつながっていないので、羽田へ来てから成田で国際線に乗り換えるには、大変な時間と
費用がかかる。
 関西空港は完成が遅れた上、成田と同じく着陸料が非常に高い。それならむしろ地方空港
からソウルを経由して外国へ行ったほうが便利だ。値段の点でも、安売り航空券を利用しや
すい。
//// 堺屋 太一 著 ///


45 : ◆vpCpXM4oWw :04/05/30 21:37 ID:E1qfxDJa
そのような寂しい国にならないようにするためには、魅力ある個性を育てることが大事では
ないだろうか?

/// 魅力のない国 5 ///

 世界的な航空ネットワークから見れば、日本は明らかにメインの航空路から外れたローカ
ル線と化しつつある。
 さらに、韓国がいまの金浦空港につづいて仁川空港を完成させ、中国が上海の浦東空港を
供用するようになると、この傾向はますます激しくなるだろう。それというのも、日本のす
べての値段が高過ぎ小煩い規制が多過ぎるからだ。
 たとえば、台湾の人がニューヨークから帰国する途中で日本へ立ち寄るとしよう。成田か
ら都心までタクシーを使えば往復約五万円、ホテルに二泊で七万円、それに観光と食事をす
れば、二十万円は用意していなければ心もとないという。関西空港でも十二、三万円はかか
るそうだ。他の場所、たとえば、ポーランドやソウルに立ち寄るのに比べると、数倍の費用
がかかるのである。
 だから、台湾の人がニューヨークからの帰りに日本へ立ち寄ったといえば、「おお、贅沢
して来たな」と思われるという。これでは日本に発着する航空路線が増えないのも不思議で
はあるまい。
//////////// 1997年刊 ///




46 :実習生さん:04/05/30 22:25 ID:vBE5iLXE
個性的な先生たくさんいるよ!いいじゃない。

47 : ◆vpCpXM4oWw :04/05/31 21:12 ID:Uu6nIAmL
個性を持つためには、個人が必要である。

/// 魅力のない国 6 ///

        日本には情報発信能力がない

 第四の重大な問題は、情報発信能力である。学者や芸術家が日本の学会や演奏会で
新説新曲を発表したとしても、世界に対する影響力は非常に低い。
 日本人のファッション・デザイナーでも、パリでファツション・ショーをやるときには二億
円の持ち出しを覚悟する。東京なら一億円、大阪なら一千万円という。
 パリでファッション・ショーをやると、全世界のファッション雑誌や新聞に載る可能性が
高い。東京でやると日本の全国紙に載る。大阪でやると地方面にしか出ない。この情報
発信力の差が、その持ち出し金額に反映される。
 それでも日本のファッションデザイナーなら、東京で一億円かけるが、外国のファッション
デザイナーになると、パリで二億円かけても、東京や大阪では持ち出してまでショーを
やらない。トーキョー・コレクションか大阪のイースタン・ストッフに招待されなければ、
日本でファッション・ショーをやる意味がないのである。
 ファッションの場合、まだ日本はブランド商品の売れる大きなマーケットだから、招かれれ
ば無料奉仕ぐらいはする。これが音楽になると、日本の演奏会が世界に中継されることなど、
ほとんどない。スポーツでも、日本での試合が海外に向けて放映される機会はきわめて稀だ。

/// 「次」はこうなる ///



48 :実習生さん:04/05/31 21:48 ID:vLD4as9e
◆vpCpXM4oWw って、他のスレッドでも同じもの貼り付けてるな。

http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1067902438/

49 :実習生さん:04/05/31 22:04 ID:ZGyWq0zI
一流の芸術家なら別だが、一般人について言えば、
「個性的」というのは、どうにも誉めようのない変な人をどうしても誉めな
くてはならないときに使う窮余の策。

>>1
が単なる変人ならたたかれて当然だし、一流の芸術家なら、叩かれることを
一流の証と自信を持てばいい。
それだけのこと。



22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)